Olympic TOKIO HOT 100
J-WAVEのポッドキャスト サイト J-pod TOPへ
番組登録方法
iTunesから番組登録
RSS Podcasting
RSSでPodcastingを
楽しむには…?
ORIGINAL SITE メッセージはこちらから
【来週のNO.1予想クイズ】
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE




HOME
2020年06月30日
CRAVE /KIESZA

CS780906-01A-MED.jpg

今日ピックアップするのは、100位に初登場!
KIESZA、「CRAVE」
カナダ・カルガリー出身のシンガーソングライター、カイザ。
もともとバレエダンサーを目指していたものの、
15歳のときにヒザを壊してバレエを断念。

その後、セーリングに興味を持ち、17歳でカナダ海軍に入隊!
射撃の成績がよかったので、スナイパーにならないか?と誘われたものの、
それを断っての任務についていたとか・・・。すごい経歴!
で、ココからもスゴイ! 海軍にいたとき、仲間が船に持ち込んだ
ギターを独学で覚え、自分で曲を作るようになりました。
音楽の道に進むため海軍を辞め、
まずはカナダの大学、そしてアメリカのバークリー音楽大学で学び、
その後はニューヨークを拠点に活動を開始! 

そんな、カイザ、2014年にリリースしたデビューシングル「Hideaway」が
いきなりヒットして、アルバムも売れたのですが... なんと!
2017年に車の事故で脳にを負い、2年間の活動休止を余儀なくされました。
そして、過酷なリハビリを経て、、、昨年、音楽シーンに復活!
前作から6年経ってしまいましたが、
今年8月にセカンドアルバム『Crave』をリリース予定です。
すごい人生を送っているカイザ! 
音楽ヒットの暗号も解読できるでしょうか!?

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月29日
6/28最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、6/28に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

tokiopod200629.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2020年06月25日
TAXI / NOA feat. TOFUBEATS

TAXI : NOA feat. TOFUBEATS.jpg

本日ピックアップするのは、85位に初登場!
NOA feat. TOFUBEATS「TAXI」

今年1月に1stシングル「LIGHTS UP」でデビューしたNOA!
現在、ハタチ。出身は、東京ですが、12歳のとき、お母さん仕事で韓国にいたとき、
美容院でスカウトされ、韓国の芸能事務所のオーディションに合格!
練習生としての活動していた経験もあるシンガーソングライター。

2ndシングルの「TAXI」は、NOAが韓国にいた頃から憧れていたという
tofubeatsとのコラボ曲! 
ちなみに、ふたりが出会ったキッカケは、2年前!
NOAが、日本に帰国した際、tofubeatsが出演するイベントへ遊びに行き、
ライブを観た後、「いつか一緒に音楽を作りたい!」という思いで
Instagramに直接メッセージを送ったそう。

で、その後、偶然、東京の道端で、tofubeatsを見かけ、声をかけたそう!
NOA曰く・・・
僕自身、声をかけたりするのが苦手なので、どうしようか迷ったのですが、
今日、声をかけなかったら、次はないかもしれないと思い、
勇気を振り絞って・・・・ 声をかけたそうです。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月24日
LEARN TO FLY/ SURFACES AND ELTON JOHN

maxresdefault-2.jpg

今日ピックアップするのは、30位初登場!
SURFACES AND ELTON JOHN「LEARN TO FLY」

アメリカから、コリンとフォレストの男子ポップ・デュオ。

元々は、サウンドクラウドでフォレストの楽曲見つけたコリンが、
ネット上で連絡をとり、なんとなく会ってみたら、
とても気が合い結成したという、出会い系。
2017年にアルバムデビューすると、
昨年にセカンドアルバム、そして今年2月にサードアルバムを発表。
そんな彼らが先日リリースしたばかりの、この「LEARN TO FLY」。

あのサー・エルトン・ジョンとコラボしています。
エルトンが参加した経緯ですが、
ずーっと前にレコーディングしていたこの曲のデモが、
いろいろなところを渡り回ったのち、
行き着いた先が、エルトンの元だったそう。そこで、エルトンに
「一緒に歌って、ピアノを弾いてくれませんか!?」と、
オファーしてみたら、「是非、参加したいわ!」とOKをもらい、
コラボが実現。

このコロナ禍ということで、ZOOMを介してのリモートセッションで、
レコーディングを重ね、この曲が完成しました。
・・・写真も見ると、SURFACESのふたりの雰囲気も柔らかめで、
エルトンとの相性も良さげな感じです

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:
2020年06月23日
EVERYDAY / MAHINA

EbFQWy9UEAE0Gxd.png

今日ピックアップするのは、65位に初登場!
MAHINA、「EVERYDAY」

ハワイ語で「お月さま」という意味を持つ、アーティストネームの「mahina」
4月から、3作連続で新曲を配信リリースしていますが、、、
すべてTOKIO HOT 100にチャートイン!
7月1日リリースの最新ナンバー「everyday」のテーマは、
〝辛く厳しい環境の中でも、それでも生きていく美しさ!〟
・・・ということですが、、、だからなんでしょうか!? 
MVも、辛く厳しいなかで、撮影したようです。
見渡す限り海が凍っている2月、、、極寒のロシアでの撮影!
物を落としたら一瞬で飛んで消えていく強風の中!
カイロは寒さで破裂して使えない!
顔と耳と口の感覚も無くて、指も腫れてしまった!
・・・そんな、ロシアの大自然の中で、mahinaが歌いあげています!

ただし、本人曰く・・・
「生きることと、死ぬことの、ちょうど真ん中に立っていた体験」
撮影が終わった時は、気を失ってしまったそう。
あと、Mihinaは、いつもサングラスをして歌っていますが、
サングラスの向こうで・・・ちょっと泣いていたそうです。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月22日
6/21最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、6/21に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

tokiopod200622.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2020年06月18日
I LEAVE AGAIN / PETIT BISCUIT AND SHALLOU

I LEAVE AGAIN : PETIT BISCUIT AND SHALLOU.jpg

本日ピックアップするのは、70位に初登場!
PETIT BISCUIT AND SHALLOU「I LEAVE AGAIN」

英語だと、<プチ・ビスケット>。 フランス語だと・・・<プティ・ビスキュイ>。
1999年生まれ、現在、20歳(ハタチ)のフランス人DJ兼プロデューサー。
ピアノ、チェロ、ベース、ギターを弾きこなし、楽曲プロデュースもできちゃう。

5年前、つまり15歳でデビューするやいなや注目を浴び、
18歳の誕生日に初のアルバムをリリース。
しかも学業と音楽活動をしっかり両立させ、マジメで成績優秀。
自身のレーベルを設立してインディペンデントな活動を貫いています。
2018年のSONICMANIAでも来日してました。

<フランスから現れた、若き天才!>といわれる将来有望なDJ、<プティ・ビスキュイ>
ちなみにお母さんがフランス人で、お父さんがモロッコ人。
本名は<メディ・ベンジョルン>と言いますが、、、
"プティ・ビスキュイ"="小さなビスケット"という芸名にしたのは、
子どものころ、おばあちゃんが焼いてくれるビスケットが大好きだったから。

おばあちゃんは自分が作ったビスケットを孫のメディ君に食べさせながら、
愛情を込めて「私の小さなビスケットちゃん」と呼んでいたそう。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月17日
BUTTERFLIES /FIJI BLUE 

A1l7glphC-L._SS500_.jpg
今日ピックアップするのは、39位初登場!
FIJI BLUE 「BUTTERFLIES」      
トレヴァー・デリングとヴァレンティン・フリッツによる
エレクトロ・デュオ、<FIJI BLUE>

現在は、LAを拠点に活動している彼らですが、
元々の、二人の出会いは、東海岸/ボストン。
バークリー音楽大学で一緒だったそうです。
しかし当時は、すぐにチーム結成とは至らず
その後、それぞれの音楽活動を重ねていく中で、
「一緒に音楽をやろう!」となりました。
そして拠点もLAに移し、<FIJI BLUE>が本格始動。

ちょうど1年前から、楽曲リリースもしています。
役割分担は、トレヴァーがギターと歌。ヴァレンティンがプロデュース。
サウンド的には、ダウンテンポな哀愁系が得意ということで、
一部の音楽メディアからは、
"sad boy chill house."、なーんて称されていたりします。

オセンチ・チルハウス、、、オセンチル!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月16日
DEATH BED (COFFEE FOR YOUR HEAD) / POWFU FEAT.BEABADOOBEE

81L5d6tZ6nL._SS500_.jpg

今日ピックアップするのは、48位に初登場!
POWFU feat. BEABADOOBEE、
「DEATH BED (COFFEE FOR YOUR HEAD)」

カナダのバンクーバー出身、2000年生まれ、
現在ハタチのシンガーソングライター兼ラッパー、パウフ。
スタジオには行かず、自宅のベッドルームで曲を作り、
それをYouTubeやSoundCloudで公開するという、
典型的な今どきのベッドルーム・ミュージシャン。
昨年作った曲「Death Bed」は、TikTokでバズって、
メジャーレーベルと契約。
今年2月にあらためてメジャー・リリースされ、
世界的なヒットとなっています。
「Death Bed」、、、、日本語でいう「死の床(とこ)」。 
なんか物騒なタイトルですが、、、
歌詞の内容は、何らかの理由でまもなく死を迎える若い男性が、
明るく励ましてくれる恋人に対して、
「君を独り残してごめんね。でも僕は幸せだった。
いつかまた天国で会えるよ」
とラップする"お涙ちょうだい"ソング。

女性のパートは、イギリスのシンガー、ビアバッドゥービーが2017年に
発表した「Coffee」という曲をサンプリングしたもの。

この原曲自体は、ベッドでウトウトしている男性に
「コーヒーを淹(い)れてあげるね」と歌う、ホンワカ・ラブソングですが、
パウフはそれをひとひねり! 
ちなみに、パウフはロマンティックな恋愛映画が
大好きで、そうした恋愛映画からインスピレーションを得て、
登場人物の気持ちになって曲を書くんだそうです。


TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月15日
6/14最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、6/14に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

tokiopod200615.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2020年06月11日
BETTER / JACK GARRATT

BETTER : JACK GARRATT.jpeg

本日ピックアップするのは、55位に初登場!
JACK GARRATT「BETTER」

4年前のデビューアルバム『Phase』で、一躍脚光を浴びたシンガーソングライター、
ジャック・ガラット。地元イギリスでは 、もっとも有望な新人アーティストに贈られる
ブリット・アワードの【批評家賞】と、【BBC Sound of 2016】の1位をダブル受賞!
この時点で過去にダブル受賞を果たしたのは、
アデルとエリー・ゴールディングとサム・スミスの3人しかいなかった。

ということで、ジャックはそれに続く4人目ということで、
彼らに匹敵するスターになるに違いない!!と期待されていました。
そんな期待を背負ってセカンドアルバムを作り始め、
実は、2017年にほぼ出来上がったそうですが、、、「こんなのはクズだ!」とお蔵入りに!

そこから自己否定、自己嫌悪が止まらなくなり、
1年半ものあいだ、曲作りをすることができなかったそう。
そんなジャックが立ち直るきっかけを作ったのが、
売れっ子プロデューサーのジャックナイフ・リー。

最初は気が進まなかったものの、マネージャーに「とにかく会ってこい」といわれ、
カリフォルニアのリーの自宅を訪ねました。そこでリーに上手く乗せられ、
すっかりやる気を取り戻し、数週間後には一緒にスタジオ入り。

苦悩を乗り越えて、ようやく待望のセカンドアルバム
『Love, Death & Dancing』が完成したそうです。
やはり、プロデューサーの仕事は、、、乗せること!?

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月10日
TOGETHER / SIA

EX6Gt-jXkAEVA85.jpg

今日ピックアップするのは、86位初登場! SIA「TOGETHER」
オーストラリア出身、素顔を出さないシンガーソングライター、シーア。

最近は、いろんな映画のサントラへの楽曲提供でひっぱりダコでしたが、
新曲「Together」は、、、今年9月に公開が予定されている
シーア自身が監督を務める映画『Music』からの楽曲です。

5年前、2015年の【ヴェネツィア国際映画祭】で、
製作が発表された映画『Music』は、
ケイト・ハドソン、マディー・ジーグラー、レスリー・オドム・Jr.らが出演、
シーアと、童話作家のダラス・クレイトンが共同脚本を手がけたもの。
物語は、麻薬中毒の症状を克服したケイト・ハドソン扮する「ズー」が、
義理の妹で自閉症の少女「ミュージック」の唯一の後見人となり、
世の中をどう生き抜いていくべきかを模索し始める・・・というもの。
シーアは、映画を通じて自分が大切だと
考えていることを伝えたいと言っています。
それは、「自分の意見をしっかり持つこと」、
さらに、「家族を築くこと」、この2つのテーマを描いているそうです。

ちなみに、シーア自身、昨年、プライベートで、
18歳のふたりの少年と養子縁組し、
自分の息子として育ててるなんて話もありますが、
シーアは、とっても愛情深い人なんですね!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月09日
MAMACITA / BLACK EYED PEAS, OZUNA AND J. REY SOUL

71T5QhOqHxL._SS500_.jpg
今日ピックアップするのは、100位に初登場!
BLACK EYED PEAS, OZUNA AND J. REY SOUL、「MAMACITA」

「MAMACITA(ママシータ)」とは・・・
中南米でよく使われるスラングで、セクシーな女性に対する呼び方だそうです。
「エイ!ママシータ!!」
これまで数々のヒット曲を持つウィル・アイ・アム率いる
ブラック・アイド・ピーズ!
紅一点のメンバー、ファーギーが去ってからは、
ウィル、アップル、タブーの男子3人体制で活動していましたが、
新曲にも参加した<J.レイ・ソウル>こと、ジェシカ・レイノソが、
この度、新たなメンバーとなったようです。 NEW紅一点!
J.レイ・ソウルは、フィリピン出身。

元々フィリピン版<The Voice>というオーディション番組に
2013年に参加し、当時、その審査員をアップルがつとめていて、
目を付けました!
その後、2018年にリリースされたブラックアイドピーズのアルバム
『マスターズ・オブ・ザ・サン Vol. 1』にゲスト参加したり、
昨年のワールドツアーも一緒に回ってました。
いま作っている、ブラックアイドピーズのアルバムにも
ガッツリ関わっているようです。
ちなみに、J.レイ・ソウルは、高校生の頃から
ブラックアイドピーズの大ファン!
ウィルとアップルは、彼女を見ていると、、、
若かった頃の自分たちを思い出す!
仕事に対する姿勢や、音楽への愛情とか、熱意を思い出す!
・・・な~んて言ってるそうです。 ベテランが、若い血を注入!
って感じでしょうか?

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月08日
6/7最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、6/7に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

tokiopod200608.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:30 | カテゴリー:今週のチャート
2020年06月04日
ENERGY / DISCLOSURE

ENERGY : DISCLOSURE.jpeg

本日ピックアップするのは、100位に初登場!
DISCLOSURE「ENERGY」

若きイギリスのダンス兄弟。 現在、28歳のガイ、26歳のハワード、
ローレンス兄弟がやってる<ディスクロージャー>
この夏、久々、5年ぶり、3rdアルバムのリリースが決定しました。

そのアルバムのタイトル・トラックが、『ENERGY』
曲には、ド迫力な声がサンプリングされていますが、
声の主は、アメリカの<モチベーション・スピーカー> エリック・トーマス。
<モチベーション・スピーカー>とは、その名の通り、、、
モチベーション、やる気をあげてくれるプロの話し手のこと。

ちなみに、ディスクロージャーが、エリック・トーマスの声を使うのは2回目。
2013年の1stアルバム『Settle』に入っていた
「When a Fire Starts to Burn」でも使ってます。

「エリックのスピーチを初めて見たとき、
彼は心を揺さぶる名言の宝庫みたいな人だと思ったよ。
エリックの壮大な存在感とエネルギーは、
特にハウス・ミュージックにピッタリなんだ!」と、ディスクロージャー、言ってます。

さらに、こんなことも言ってます。
「すべての人間が持っているエネルギーは、
この地球を維持することも、破壊することも出来て、その責任を問われる!」

まさに、いまの時代へのメッセージになっているようです。
NEWアルバム「ENERGY」、8月リリース!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月03日
HERO / WEEZER

weezer_hero_A.jpg

今日ピックアップするのは、28位初登場! WEEZER 「HERO」
予定では5月リリースでしたが、
新型コロナウィルスの影響で、リリースが延期になっている
WEEZER通算13枚目のニュー・アルバム、『Van Weezer』。
そこからの先行シングルが、この「HERO」です。
公開中のMVでは、パンデミックの最前線で戦っている、
世界各地の医療従事者や配送業者など、
エッセンシャル・ワーカーに、敬意と感謝を示す内容になっています。
また、WEEZERのインスタグラムには、フロントマン、
リヴァースからのこんな直筆メッセージも公開されています。
"カートで緊急用品を運んでいる人々へ、
英語を話さない人のために英語を翻訳してくれている人々へ、
僕らは感謝します。
    
コンピューターを操作する人々へ、電話からの質問に悩みに答えたり、
みんなをあちこちに案内してくれている人々へ、僕らは感謝します。
枕と毛布を寄付したり、お金を寄付してくれている人々へ、
僕らは感謝します。

ちゃんとしたマスクもなく、一生懸命リスクを背負って
立ち向かっている人々へ、僕らは感謝します。" 
・・・世界のどこにいても、この思いは同じ! 


TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月02日
FADED / IZZY BIZU

500x500.jpg

今日ピックアップするのは、65位に初登場!
IZZY BIZU、「FADED」

2016年のデビューアルバム『A Moment of Madness』で
高い評価を受けたイギリスのソウルシンガー、イジー・ビズ。
ロンドン在住の26歳。ロックダウン中は部屋の模様替えをしたり、
友だちとオンラインでダンスパーティーをしたり。
もちろん曲作りもしていて、現在は、ニューアルバムを制作中。
発売日は未定ですが、、、今のところタイトルは
『The Things We Do For Love』

そのアルバムの先行シングルとなるのが、「Faded」。
元カレとの関係をネタにしています。
イジーによれば、
元カレとの恋愛は浮き沈みが激しく、最高の夜を過ごしたかと思えば、
翌朝には大ゲンカ。 もうやってらんない!
この関係を終わらせなければ・・・。
そんな気持ちでスタジオに入って作ったのが、「Faded」。
ネガティブな感情を曲のビートに乗せ、
「もうあなたへの気持ちは失せた」 と歌っています。
ちなみに、こうした浮き沈みの激しいカップルは、
クサレ縁になりやすいのですが、、、、
その後、イジーと元カレがどうなったかは明らかにされていません。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年06月01日
5/31最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、5/31に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

tokiopod200601.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:30 | カテゴリー:今週のチャート


バックナンバー
2020年8月 (8)
2020年7月 (17)
2020年6月 (18)
2020年5月 (13)
2020年4月 (17)
2020年3月 (18)
2020年2月 (14)
2020年1月 (16)
2019年12月 (17)
2019年11月 (15)
2019年10月 (17)
2019年9月 (15)
2019年8月 (16)
2019年7月 (18)
2019年6月 (16)
2019年5月 (17)
2019年4月 (17)
2019年3月 (15)
2019年2月 (14)
2019年1月 (17)
2018年12月 (16)
2018年11月 (17)
2018年10月 (17)
2018年9月 (13)
2018年8月 (18)
2018年7月 (17)
2018年6月 (16)
2018年5月 (18)
2018年4月 (15)
2018年3月 (16)
2018年2月 (15)
2018年1月 (17)
2017年12月 (16)
2017年11月 (17)
2017年10月 (16)
2017年9月 (15)
2017年8月 (19)
2017年7月 (15)
2017年6月 (17)
2017年5月 (16)
2017年4月 (16)
2017年3月 (17)
2017年2月 (16)
2017年1月 (16)
2016年12月 (17)
2016年11月 (16)
2016年10月 (16)
2016年9月 (15)
2016年8月 (18)
2016年7月 (15)
2016年6月 (18)
2016年5月 (15)
2016年4月 (16)
2016年3月 (18)
2016年2月 (16)
2016年1月 (15)
2015年12月 (18)
2015年11月 (15)
2015年10月 (16)
2015年9月 (15)
2015年8月 (17)
2015年7月 (17)
2015年6月 (18)
2015年5月 (13)
2015年4月 (17)
2015年3月 (18)
2015年2月 (14)
2015年1月 (15)
2014年12月 (18)
2014年11月 (14)
2014年10月 (17)
2014年9月 (16)
2014年8月 (16)
2014年7月 (18)
2014年6月 (17)
2014年5月 (15)
2014年4月 (17)
2014年3月 (17)
2014年2月 (15)
2014年1月 (16)
2013年12月 (16)
2013年11月 (15)
2013年10月 (17)
2013年9月 (14)
2013年8月 (16)
2013年7月 (19)
2013年6月 (16)
2013年5月 (17)
2013年4月 (17)
2013年3月 (15)
2013年2月 (15)
2013年1月 (17)
2012年12月 (16)
2012年11月 (17)
2012年10月 (18)
2012年9月 (15)
2012年8月 (18)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (17)
2012年4月 (16)
2012年3月 (16)
2012年2月 (17)
2012年1月 (16)
2011年12月 (17)
2011年11月 (16)
2011年10月 (16)
2011年9月 (16)
2011年8月 (19)
2011年7月 (15)
2011年6月 (18)
2011年5月 (15)
2011年4月 (16)
2011年3月 (18)
2011年2月 (16)
2011年1月 (16)
2010年12月 (17)
2010年11月 (16)
2010年10月 (15)
2010年9月 (16)
2010年8月 (18)
2010年7月 (16)
2010年6月 (18)
2010年5月 (14)
2010年4月 (16)
2010年3月 (18)
2010年2月 (15)
2010年1月 (15)
2009年12月 (18)
2009年11月 (15)
2009年10月 (16)
2009年9月 (15)
2009年8月 (17)
2009年7月 (17)
2009年6月 (18)
2009年5月 (13)
2009年4月 (17)
2009年3月 (18)
2009年2月 (15)
2009年1月 (15)
2008年12月 (18)
2008年11月 (14)
2008年10月 (16)
2008年9月 (16)
2008年8月 (16)
2008年7月 (18)
2008年6月 (17)
2008年5月 (15)
2008年4月 (17)
2008年3月 (16)
2008年2月 (15)
2008年1月 (17)
2007年12月 (16)
2007年11月 (17)
2007年10月 (18)
2007年9月 (14)
2007年8月 (18)
2007年7月 (17)
2007年6月 (16)
2007年5月 (18)
2007年4月 (16)
2007年3月 (16)
2007年2月 (15)
2007年1月 (17)
2006年12月 (16)
2006年11月 (17)
2006年10月 (17)
2006年9月 (15)
2006年8月 (19)
2006年7月 (16)
2006年6月 (17)
2006年5月 (17)
2006年4月 (16)
2006年3月 (17)
2006年2月 (16)
2006年1月 (16)
2005年12月 (17)
2005年11月 (16)
2005年10月 (16)
2005年9月 (16)
2005年8月 (20)
カテゴリー
TOKIO HOT 100 AWARD (27)
今週のチャート (660)
注目曲をチェック! (2060)
最新記事
CRAVE /KIESZA
6/28最新チャートTOP5をCHECK
TAXI / NOA feat. TOFUBEATS
LEARN TO FLY/ SURFACES AND ELTON JOHN
EVERYDAY / MAHINA
6/21最新チャートTOP5をCHECK
I LEAVE AGAIN / PETIT BISCUIT AND SHALLOU
BUTTERFLIES /FIJI BLUE 
DEATH BED (COFFEE FOR YOUR HEAD) / POWFU FEAT.BEABADOOBEE
6/14最新チャートTOP5をCHECK
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.