Olympic TOKIO HOT 100
J-WAVEのポッドキャスト サイト J-pod TOPへ
番組登録方法
iTunesから番組登録
RSS Podcasting
RSSでPodcastingを
楽しむには…?
ORIGINAL SITE メッセージはこちらから
【来週のNO.1予想クイズ】
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE




HOME
2019年01月31日
SHINE A LIGHT / BRYAN ADAMS

61S6j4HUp8L._SL1200_.jpg

今日ピックアップするのは、78位に初登場!
BRYAN ADAMS 「SHINE A LIGHT」

「死ぬまで18歳!」 「永遠のハスキー・ボイス!」
80年代から活躍するカナダ出身のベテラン・ロック・アーティスト、ブライアン・アダムス!
新曲「SHINE A LIGHT」は、あのエド・シーランと共作で話題です。

コラボの経緯は、昨年、エドのダブリン公演に、ブライアンが観に行って、挨拶し、
そこから、連絡を取り合うようになったそう。
その後、新曲のコーラスの部分のアイデアを、ブライアンがエドに送って、
「この曲でコラボするのはどう!? ねえ、エド、どう!?」
と尋ねてみたら、数日後、エドから、曲のアイデアがいくつか送られてきたそう。
まあ、、、大先輩から、言われたら、、、断れないでしょ。

ブライアン・アダムス、
通算14枚目となるスタジオ・アルバム『SHINE A LIGHT』 3月1日リリースです。
ちなみに、アルバムには、ジェニファー・ロペスとのデュエット曲も収録されていて、
ブライアン曰く、「ロックとポップとR&Bがほどよくブレンドされている」そうです。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月30日
屍を越えてゆけ / AAAMYYY

00050800.1547619244.7024orig.jpg

今日ピックアップするのは、79位に初登場。
AAAMYYY、「屍を越えてゆけ」

長野県出身、シンガーソングライターで、トラック・メイカー、
さらに、バンド、Tempalayのメンバーとしても
活躍するAAAMYYY!
実は、エイミー、大学生の頃は、音楽ではなく、、、
キャビンアテンダントをめざし、カナダに留学したそうです。

しかし、カナダで音楽に目覚め、帰国後、音楽制作に没頭!
2017年から、AAAMYYY(エイミー)として、活動をスタートしました。

昨年6月には、サポートで手伝っていたバンド、
Tempalayの正式メンバーになりましたが、
Tempalay以外にも、ラッパーRyohuや、河原太朗のソロプロジェクト
TENDREのサポートもやるなどひっぱりだこ!

ソロに関しては、本人曰く、「純粋に自己表現の場!」だそう。
Tempalayや、その他サポートで参加する時は、
そこまで強く自己主張をせず、、、ソロでは自己表現を、
これでもか!と、たっぷり詰め込んでるようです。

ソロ1stアルバム『BODY』 2月6日リリースになります。
そこからのリードトラックがこちら!
TOKIO HOT 100、最新チャートで79位に初登場!
AAAMYYY、「屍を越えてゆけ」

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月29日
BAMBI / HIPPO CAMPUS

0129.jpeg

今日ピックアップするのは、100位に初登場!
HIPPO CAMPUS、「BAMBI」
この、Hippo Campus (ヒッポー・キャンパス)
アメリカのミネソタに住む高校の同級生同士で、
2013年に結成されたインディ・ポップ・バンド。

翌年から、EPリリースを重ね、様々な夏フェスなどにも出て名前を売り、
2017年、デビュー・アルバム『ランドマーク』をリリース!
そして、その後、わずか1年ちょいで、セカンド・アルバム『BAMBI』を
発売しました。
メンバーの年齢は、まだみんな20代前半の若いバンドです。
これまで4人組でしたが、今作から新メンバーとして、
ホーン奏者が加わり、5人組となりました。

ちなみに、<Hippocampus>とは、
ギリシア神話に登場する半分「馬」で半分「魚」の架空の生物の名前と、
あと、記憶を司る脳の部位、「海馬(かいば)」のことも、<Hippocampus>
と言います。
バンド名は、「Hippo」と「Campus」の間に、スペースを入れて、
なんか新しい言葉っぽくなっています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 06:42 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月28日
チェキホ 1/27 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、1/27に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2019年01月24日
雨のように泣いてやれ / NAKAMURAEMI

98af29192593eff468807b97a3ca4e61e9be8822.jpeg

今日ピックアップするのは、67位に初登場!
NAKAMURAEMI、「雨のように泣いてやれ」 

実力派シンガーソングライターNAKAMURA EMIさん、、、
ご本人に聞いたところ、、、かなりの<雨女>だそう!
前のツアーで、22本中、12本が雨! 半分以上!
しかも、昨年、野外の夏フェスでも大雨! 

その時、こんなことを思ったそうです。
「大雨のステージでも、お客さんは、泣いたり笑ったり真剣だったり、
色々な表情を見せてくれた。 女性なら大人になればなるほど、
男性ならきっと小さい頃から「泣いちゃいけない」という思いがあるけれど、
辛い時も、感動の時も、涙を流せるのは人間だからこそ!
それは、きっと意味がある大切なこと!」

・・・ということ出来た新曲が、「雨のように泣いてやれ」 
「毎日いろいろあるけど、思いっきり泣いていい!」
そんなこと、雨女の中村さんが歌ってます。

「涙は心の雨だ!」って・・・誰か言ってましたね・・・

来月リリースになるNAKAMURA EMIのNEWアルバム
『NIPPON NO ONNA WO UTAU VOL.6』からのリード・トラック!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月23日
PLASTIC LOVE / tofubeats

music190116-tofubeats.jpg

今日ピックアップするのは、80位に初登場。
tofubeats、「PLASTIC LOVE」 

こちら、<ジャパニーズ 80'sナンバー>のカバーです。
オリジナルは、1984年、昭和59年、
竹内まりやさんの名盤『Variety』に収録されていた曲です。

Tofuくんにとって、曲との出会いは、、、
彼がDJを始めたばかりの頃、朝方のクラブで聴き、
「なんなんだこれは!」と衝撃を受けた1曲だったそうで、、、
作詞作曲は、竹内まりやさん、プロデュース・アレンジは、山下達郎さん!
Tofuくん曰く、
「リリースから何年経っても愛される名曲!
そして近年、世界中のDJ達の間でも再びブームとなっている
本楽曲をカバーさせて頂けて、とても楽しかったです。
是非、原曲と合わせて、楽しんでみて下さい!」  とのことです。

・・・そうなんですってね! 最近、「日本の80'シティポップ」が、
海外のDJの間でも、ブームになってるらしい!
達郎さんや、まりやさん、あと、大貫妙子さんや吉田美奈子さんとか、、、
若いDJが聞くと、新鮮で、新たな解釈ができるんでしょうか?

セゾンカードTOKIO HOT 100 最新チャートで、80位に初登場!
<トーフと、まりやのマリアージュ> 味わってみてください。

ちなみに、本日、1/23に配信リリースです!
tofubeats、「PLASTIC LOVE」

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月22日
MOVE ON / MIKE POSNER

0122.jpeg

今日ピックアップするのは、60位に初登場!
MIKE POSNER、「MOVE ON」 
アメリカ、ミシガン州デトロイト出身の
シンガーソングライター兼プロデューサー、
マイク・ポズナー。 2010年にデビューし、自身の作品以外にも、
ソングライターとして、マルーン5の「Sugar」、
ジャスティン・ビーバーの「Boyfriend」などのヒット作品も手がけています。

2016年には、マイク自身の曲を、〈SeeB〉がリミックスした
「I Took a Pill in Ibiza」が世界的に大ヒットしました。
しかし、その大ヒットのあと、、、いいことがあれば、なんとやら、、、
悪いことが重なったそうです。
お父さんが、脳腫瘍で亡くなったり、恋人と別れたり、
友達だったAviciiが亡くなったり、、、いろいろ落ち込むことがあり、
そんな時に書いたのが、新曲「Move On」
辛いことを乗り越えて先に進むこと、<Move Onすること>、歌ってます。

MVの中では、、、
「人生は短い!だから自分のやりたいことをやろう!」ということで、、、
髭をやたら伸ばしてみたり、いろんなところでライブをやってみたり、
今年3月から1年間かけて、徒歩でアメリカ各地を旅する予定もあります。
しかも、どこを歩くかインスタグラムで発表するそうで、
一緒に歩きたい人は参加して欲しいと呼びかけています!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:19 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月21日
チェキホ 1/20 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、1/20に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2019年01月17日
HURTS LIKE HELL / MADISON BEER feat. OFFSET

https___images.genius.com_47781952778476b34838fd7fe24d750b.640x640x1.jpg

今日ピックアップするのは、94位に初登場!
MADISON BEER feat. OFFSET、「HURTS LIKE HELL」
アメリカのティーン・セレブ、マディソン・ビアーの新曲です。

このマディソンを一躍有名にしたのは、あのジャスティン・ビーバー!
カーリー・レイ・ジェプセンや、ピコ太郎だけじゃない!
このマディソン・ビアーも、ジャスティンのつぶやきで人気者になった人物。

ニューヨーク生まれ、現在19歳のマディソンは、
12歳の頃からYouTubeに自分が歌っている映像をアップしていて、
そのビデオを、ジャスティンがツイッターで紹介したところ、
話題拡散、デビューしちゃいました。

アメリカでは、シンガー以外に、ファッション界でも注目されていて、
ドルチェ&ガッバーナのショーでは、モデルにも起用されています。

そんなマディソン、今年は念願のデビューアルバムをリリース予定で、
「Hurts Like Hell」はそこからのシングル。 
歌詞の内容は、別れた恋人に対して、
「アタシを振ったことを後悔してメチャメチャ傷ついて欲しいわ」と、歌っています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月16日
THE JOKE / BRANDI CARLILE

61mHH+EslEL._SS500_.jpg

今日ピックアップするのは、88位に初登場。
BRANDI CARLILE、「THE JOKE」

アメリカのシンガー・ソングライター、ブランディ・カーライル。
日本時間で、2月11日に発表になる第61回グラミー賞では、
主要3部門、レコードオブザイヤー、アルバムオブザイヤー、
ソングオブザイヤーにノミネートされています。

この新人賞を除く主要3部門にノミネートされているのは、
ドレイク、カーディB、ケンドリック・ラマーの大物ラッパー3人に加え、
このブランディ・カーライル! 
そんな注目も集め、J-WAVEでオンエアを稼いでいます。

日本での知名度はまだまだなブランディ・カーライルですが、現在37歳。
デビューしたのは、2005年。以来、ドカンと売れるタイプではないものの、
音楽ツウから高い評価を受けています。

ちなみに、音楽以外には、10年前にレズビアンであることを公言したり、
さらに環境問題に関するNPOを自ら立ちあげるなど、
社会的活動もしています。

実力派にして、社会派なアーティスト!と言ったところでしょうか。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月15日
チェキホ 1/13 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、1/13に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 11:15 | カテゴリー:今週のチャート
2019年01月10日
BETTER / KHALID

https _images.genius.com_2ffbcb4f4921cb2dad89925466513a98.1000x1000x1.jpg

今日ピックアップするのは、60位に初登場!
KHALID、「BETTER」 

2017年にリリースしたデビュー・アルバム『アメリカン・ティーン』が大ヒット!
弱冠ハタチ、R&BシーンのNEWアーティスト、カリード!
昨年、10月には、新木場STUDIO COASTで、一夜限りの初来日公演を開催し、
日本のファンを魅了しました。

さて、世界のフェス・シーズンの先頭を切って、
毎年4月に行われているのが、コーチェラ・フェスティバル。
25万人の動員が見込まれ、
アメリカでもっとも人気の高いフェスですが、今年のヘッドラインを務めるのは、
チャイルディッシュ・ガンビーノと、テーム・インパラ、さらに、アリアナ・グランデ!

で、カリードの出演も決定していますが、
コーチェラのポスターを見てみると、ヘッドラインに次ぐデカい文字!
カリードの注目度の高さが伺えます。 

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月09日
THEY DON'T CARE ABOUT US / RUDIMENTAL feat. MAVERICK SABRE AND YEBBA

500x500_rudimental.jpg

今日ピックアップするのは、72位に初登場!
RUDIMENTAL feat. MAVERICK SABRE AND YEBBA、
「THEY DON'T CARE ABOUT US」

地元UKでは特に高い人気を誇る
男性4人組のダンスユニット、ルディメンタル。
昨年イギリスで最もヒットした曲は、
カルヴィン・ハリスとデュア・リパの「One Kiss」でしたが、
ルディメンタルの「These Days」は、
イギリスの年間チャートで4位でした。

そんな彼らがまもなくニューアルバム
『Toast To Our Differences』をリリースします。

ルディメンタルが、音楽を作るうえで、大切にしていることは、
"positive vibes"!
「人々を結びつける音楽を作りたい」というのが彼らの目標で、
毎回、多彩なゲスト・ヴォーカルを迎えています。

今作のアルバムタイトル「Toast to our Differences」
これ訳すなら、、、「私たちの違いに乾杯!」と言ったところでしょうか?
・・・・多様性を受け入れ、祝福することがテーマ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月08日
SAN FRANCISCO  /  GALANTIS FEAT. SOFIA CARSON

0108.jpeg

今日ピックアップするのは、95位に初登場!
GALANTIS feat. SOFIA CARSON、「SAN FRANCISCO」
次々にヒットを飛ばす、スウェーデンのEDM系デュオ、ギャランティス!

新曲「サンフランシスコ」は、昨年11月に彼らがツアーで訪れた
サンフランシスコの町にインスパイアされ作った1曲だそうです。
フィーチャーボーカルのソフィア・カーソン、、、ご存じでしょうか?
ディズニーチャンネルで人気者となった女優兼シンガー、
二足のミュールを履く25歳。

女優としては、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー、
『ディセンダント』に出演してブレイク、
日本でも若い女の子を中心に結構ファンがいるようです。
シンガーとしは、昨年のPOPSPRINGでも来日してました。
結構、美形です。

そんな、ソフィア・カーソンにも要注目です。
「San Francisco」のMVにも出てますよ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 07:36 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月07日
チェキホ 1/6 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、1/6に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:40 | カテゴリー:
2019年01月03日
薔薇と野獣 (NEW VER.) / 細野晴臣

VE3WA-18290.jpg

今日ピックアップするのは、80位に初登場!
細野晴臣、「薔薇と野獣 (NEW VER.)」

日本の音楽シーンの宝!とってもいいでしょう、、、細野晴臣さん。
今年、2019年で、細野さんは、音楽活動50周年を迎えます。
振り返ってみますと、、、
デビューは、1969年、伝説のバンド、エイプリル・フールのベーシストとして。
その後、日本語ロックの先駆的存在となった、はっぴいえんど。
さらにその後は、ジャンルをガラっと変え、テクノサウンドで、
世界へ飛び出したYMOなど、、、まさに重要バンドにこの人あり! そんな国宝級アーティストです。

50周年を前に、昨年からさらに精力的に活動していますが、
今回エントリーした「薔薇と野獣(NEW VER.)」は、細野さんが1973年に発表した
自宅録音の先駆けとも言えるソロ・デビュー・アルバム『HOSONO HOUSE』に収録された曲を、
新たなバージョンにしています。

歌はもちろん、演奏、プログラミング、アレンジ、レコーディング、ミックスなど、
すべての制作工程を細野さん自身が行っています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2019年01月02日
HOPE / THE CHAINSMOKERS feat. WINONA OAK

https _images.genius.com_18a6963db6dbc451b47c4928ae655ec2.768x768x1.png

今日ピックアップするのは、24位に初登場!
THE CHAINSMOKERS feat. WINONA OAK、「HOPE」

NYを拠点に活躍するアンドリューとアレックスによる、
男子2人のDJ/プロデューサーデュオ、ザ・チャーンスモーカーズ。
2016年の特大ヒット「クローサー」以降、次々とヒットを飛ばし、
ダンス・ミュージックシーンのみならず、ポップスシーンの中でも、存在感あります。
なんてたって、全世界トータル楽曲再生数は、140億回越え!
昨年6月は、初の"LIVE SET"での来日公演も大盛りでした。

そんなチェインスモーカーズ、昨年は、10曲の新曲を配信でリリースしました。
その第10弾「Hope」でフィーチャーしているのは、
デビューしたばかりのスウェーデン出身の女性シンガーソングライター、ウィノナ・オーク!
新たな才能を早めにチェックするのも彼らしいです。

ちなみに、昨年リリースした全10曲を収録したフル・アルバムが、
『Sick Boy』というタイトルで、配信スタートしています。
バラ売りで買うか、アルバムで買うか、、、
サブスクで聞くか、、、ラジオで聞くか、、、お好みでどうぞ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!


バックナンバー
2019年3月 (12)
2019年2月 (14)
2019年1月 (17)
2018年12月 (16)
2018年11月 (17)
2018年10月 (17)
2018年9月 (13)
2018年8月 (18)
2018年7月 (17)
2018年6月 (16)
2018年5月 (18)
2018年4月 (15)
2018年3月 (16)
2018年2月 (15)
2018年1月 (17)
2017年12月 (16)
2017年11月 (17)
2017年10月 (16)
2017年9月 (15)
2017年8月 (19)
2017年7月 (15)
2017年6月 (17)
2017年5月 (16)
2017年4月 (16)
2017年3月 (17)
2017年2月 (16)
2017年1月 (16)
2016年12月 (17)
2016年11月 (16)
2016年10月 (16)
2016年9月 (15)
2016年8月 (18)
2016年7月 (15)
2016年6月 (18)
2016年5月 (15)
2016年4月 (16)
2016年3月 (18)
2016年2月 (16)
2016年1月 (15)
2015年12月 (18)
2015年11月 (15)
2015年10月 (16)
2015年9月 (15)
2015年8月 (17)
2015年7月 (17)
2015年6月 (18)
2015年5月 (13)
2015年4月 (17)
2015年3月 (18)
2015年2月 (14)
2015年1月 (15)
2014年12月 (18)
2014年11月 (14)
2014年10月 (17)
2014年9月 (16)
2014年8月 (16)
2014年7月 (18)
2014年6月 (17)
2014年5月 (15)
2014年4月 (17)
2014年3月 (17)
2014年2月 (15)
2014年1月 (16)
2013年12月 (16)
2013年11月 (15)
2013年10月 (17)
2013年9月 (14)
2013年8月 (16)
2013年7月 (19)
2013年6月 (16)
2013年5月 (17)
2013年4月 (17)
2013年3月 (15)
2013年2月 (15)
2013年1月 (17)
2012年12月 (16)
2012年11月 (17)
2012年10月 (18)
2012年9月 (15)
2012年8月 (18)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (17)
2012年4月 (16)
2012年3月 (16)
2012年2月 (17)
2012年1月 (16)
2011年12月 (17)
2011年11月 (16)
2011年10月 (16)
2011年9月 (16)
2011年8月 (19)
2011年7月 (15)
2011年6月 (18)
2011年5月 (15)
2011年4月 (16)
2011年3月 (18)
2011年2月 (16)
2011年1月 (16)
2010年12月 (17)
2010年11月 (16)
2010年10月 (15)
2010年9月 (16)
2010年8月 (18)
2010年7月 (16)
2010年6月 (18)
2010年5月 (14)
2010年4月 (16)
2010年3月 (18)
2010年2月 (15)
2010年1月 (15)
2009年12月 (18)
2009年11月 (15)
2009年10月 (16)
2009年9月 (15)
2009年8月 (17)
2009年7月 (17)
2009年6月 (18)
2009年5月 (13)
2009年4月 (17)
2009年3月 (18)
2009年2月 (15)
2009年1月 (15)
2008年12月 (18)
2008年11月 (14)
2008年10月 (16)
2008年9月 (16)
2008年8月 (16)
2008年7月 (18)
2008年6月 (17)
2008年5月 (15)
2008年4月 (17)
2008年3月 (16)
2008年2月 (15)
2008年1月 (17)
2007年12月 (16)
2007年11月 (17)
2007年10月 (18)
2007年9月 (14)
2007年8月 (18)
2007年7月 (17)
2007年6月 (16)
2007年5月 (18)
2007年4月 (16)
2007年3月 (16)
2007年2月 (15)
2007年1月 (17)
2006年12月 (16)
2006年11月 (17)
2006年10月 (17)
2006年9月 (15)
2006年8月 (19)
2006年7月 (16)
2006年6月 (17)
2006年5月 (17)
2006年4月 (16)
2006年3月 (17)
2006年2月 (16)
2006年1月 (16)
2005年12月 (17)
2005年11月 (16)
2005年10月 (16)
2005年9月 (16)
2005年8月 (20)
カテゴリー
TOKIO HOT 100 AWARD (26)
今週のチャート (635)
注目曲をチェック! (1875)
最新記事
SHINE A LIGHT / BRYAN ADAMS
屍を越えてゆけ / AAAMYYY
BAMBI / HIPPO CAMPUS
チェキホ 1/27 付最新チャートTOP5をCHECK
雨のように泣いてやれ / NAKAMURAEMI
PLASTIC LOVE / tofubeats
MOVE ON / MIKE POSNER
チェキホ 1/20 付最新チャートTOP5をCHECK
HURTS LIKE HELL / MADISON BEER feat. OFFSET
THE JOKE / BRANDI CARLILE
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.