Olympic TOKIO HOT 100
J-WAVEのポッドキャスト サイト J-pod TOPへ
番組登録方法
iTunesから番組登録
RSS Podcasting
RSSでPodcastingを
楽しむには…?
ORIGINAL SITE メッセージはこちらから
【来週のNO.1予想クイズ】
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE




HOME
2018年12月31日
チェキホ 12/30 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/30に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:40 | カテゴリー:
2018年12月27日
FREELANCE / TORO Y MOI

Toro-Y-Moi-/-Outer-Peacejake-sya.jpg

今日ピックアップするのは、88位に初登場!
TORO Y MOI、「FREELANCE」
トワ・エ・モワじゃありません、、、トロ・イ・モワ!
アメリカ、サウスキャロライナ出身、アフリカ系の父親と、
アジア系の母親を持つチャズ・ベアーによるソロ・プロジェクト<トロ・イ・モワ>。

2010年にデビューし、これまで5枚のアルバムを発表していますが、
日本にも、フジロックなどのフェスやイベントで来日し、
コアな音楽ファンの間では、結構、人気あります。

そんな、トロ・イ・モワの最新アルバム『Outer Peace』
来月、1月18日にリリースされます。 

新曲は、彼のルーツでもあるファンクでディスコな1曲に仕上がっています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月26日
TELL ME IT'S OVER / AVRIL LAVIGNE

94002.jpg

今日ピックアップするのは、72位に初登場!
AVRIL LAVIGNE、「TELL ME IT'S OVER」
来年、2月15日にリリースされるアヴリル、5年ぶりのNEWアルバム
『Head Above Water』からの第2弾シングルです。

別れた恋人への断ち切れない思いを、
ノスタルジックなオールディーズ・テイストで歌いあげる、
ちょっと、ビター・スウィートなラヴ・ソング。
往年のAmy Winehouseを彷彿とさせます。

きっと、2度の離婚を経験し、難病を乗り越えた、
34歳のアヴリルだからこそ出せる、深みなのかもしれません。
曲のMVも公開になっていますが、、、、
涙が出そうなほど幸せな時もあれば、
胸が張り裂けそうなほど苦しい時もある
そんな<恋愛の2面性>を描いた内容になっています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月25日
チェキホ 12/23 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/23に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 09:31 | カテゴリー:今週のチャート
2018年12月20日
OLD FRIEND / ELDERBROOK

51jv0FN22jL._SS500.jpg

今日ピックアップするのは、79位に初登場!
ELDERBROOK、「OLD FRIEND」

エルダーブルックとは、、、本名アレクサンダー・コッツ。
ロンドンを拠点に活動する26歳のミュージシャン兼プロデューサー。
最初は友だちとインディロック・バンドを、
その後はシンガーソングライターとしてアコースティックな音楽をやってましたが、
大学時代にダンスミュージックに目覚め、エレクトロニックな方向へ。
卒業とともに《エルダーブルック》の名前で本格的な音楽活動を開始。

昨年、イギリスのDJデュオ《キャメルファット》とコラボした「Cola」という曲がヒットし、
今年のグラミー賞で最優秀ダンス・レコーディング部門にもノミネート!
シンセを駆使してトラックを作るだけでなく、
ピアノやギターなど複数の楽器もこなすマルチプレイヤー。しかも、唄えます!

ちなみに「エルダーブルック」という名前は、
アメリカのコメディアンにして、ミュージシャンのレジー・ワッツが
TVで披露していたスタンドアップ・コメディのネタから取ったそうです。

エルダーブルック、現在、来年のリリースに向けて、デビューアルバムを制作中!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月19日
FREE! FREE! FREE! / 竹内アンナ

TECI-1617.jpg

今日ピックアップするのは、94位に初登場!
竹内アンナ「FREE! FREE! FREE!」

LA生まれ、京都在住の現役大学生シンガーソングライター、竹内アンナ。
今年、8月にEP『at ONE』でメジャー・デビュー!
来年1月23日には、2nd EP『at TWO』が、リリースになります。

そこからの新曲「FREE! FREE! FREE!」は、
初めてトラック・メーカーとコラボし、
これまでのアコギのイメージを打ち破り、
「エレクトロ竹内!」を意識したサウンドになっています。

もともと曲自体は、彼女がSXSWのUSツアーで訪れた
ニューヨークの街で作ったそうで、
NYの街ですれ違う人、みんながみんな、
胸を張って堂々としていて、自分に自信をもっているように見えた。
だから、私も、自由に自分らしくしよう!...そんな思いから作った曲。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月18日
WE APPRECIATE POWER / GRIMES FEAT. HANA

1218.jpg
今日ピックアップするのは、87位に初登場。
GRIMES feat. HANA、「WE APPRECIATE POWER」
カナダ出身のNEWポップアイコン! グライムスの新曲です。 

この曲、グライムスによると、
「人工知能(AI)の普及を目的としたアイドルユニットの視点」
というテーマで、曲を書いたそうなんですが、、、
なんでも、彼女がインスパイアを受けたのは、北朝鮮のモランボン楽団!

彼女曰く、、、「この曲の中で、音楽やダンス、性やファッションは、 
人工知能の普及を広げるために使っているの」 
と語っています。

あの美女軍団を見て、AIを推進するアイドルユニットを考えるとは、、、
独特な感性です。
そんな、グライムス、、、最近プライベートでは、アメリカの億万長者! 
スペースX社や、テスラのCEOとして知られる、
イーロン・マスクとお付き合いしているそうです。
今年5月にNYで行われたイベントにふたりが2ショット登場し、話題に!

ちなみに、ふたりが仲良くなったのは、AIがキッカケ。
イーロンがAIについてのジョークをある日ツイートしたところ、
そのジョークは、すでに数年前にグライムスが使っていたことが
わかったそうで、ふたりは、お近づきになったそう。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 07:49 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月17日
チェキホ 12/16 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/16に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:
2018年12月13日
WITH THE LOVE IN MY HEART / JACOB COLLIER, METROPOLE ORKEST & JULES BUCKLEY

500x500000.jpg

今日ピックアップするのは、100位に初登場!
JACOB COLLIER, METROPOLE ORKEST & JULES BUCKLEY、
「WITH THE LOVE IN MY HEART」 

ジェイコブ・コリアー! ボーカルハーモニーも楽器演奏もすべて自分1人でこなし、
"ワンマン・オーケストラ"の異名をとる若き天才ミュージシャン!
さらに作曲、アレンジ、プロデュース、エンジニアリングも自分でやっちゃいます!
2016年のデビュー以来、3年連続で来日公演を行っていて、日本でも人気!

そんなジェイコブが、新たなプロジェクトを発表しました。
『Djesse』と名づけたプロジェクトで、
全部で40曲を4回に分けて発表する計画。

アルバムを4枚出すそうで、ジェイコブ曰く、、、
「全体の40曲で1枚のアルバム」という感覚だそう。
その第1弾となる『Djesse Vol. 1』が先日リリースされました。
そこからの新曲は、テンポもリズムも音楽のスタイルもコロコロ変わる超複雑な1曲!
聴き応えあります!

いろんなアーティスト仲間からも大絶賛されているジェイコブ。
新曲に参加しているスティーヴ・ヴァイも、その1人。
ギタリストで有名なスティーヴ・ヴァイですが、なんと新曲にはバックボーカルで参加!
昨年ジェイコブのライブを見てぶっ飛んだそうで、
「ジェイコブ・コリアーはこれまで僕が出会ったなかで、
最も才能あるミュージシャンだ」・・・とベタ褒めしています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月12日
NOTHING BREAKS LIKE A HEART / MARK RONSON feat. MILEY CYRUS

61v3sE6OieL._SS500.jpg

今日ピックアップするのは、40位に初登場!
MARK RONSON feat. MILEY CYRUS
「NOTHING BREAKS LIKE A HEART」

セレブDJ、さらに人気プロデューサーのマーク・ロンソン!
最近は、ディプロと組んだユニット
SILK CITYでの活動にいそしんでいましたが、
久々の本人名義での新曲では、
マイリー・サイラスをクールにフィーチャーしています。

噂では、おそらく、来年リリースされるであろう、
4年ぶりのニュー・アルバムからの1曲だそうですが、
 今のところ、アルバムのタイトルや、リリースタイミングは未定とのこと。

そんな、マーク・ロンソンですが、来週来日します!
12/17(月)幕張メッセでの一夜限りのライブありますが、
今回は、なんと、星野源とのWヘッドライナー公演!
・・・ちょっと意外な組み合わせ!どうなるのか! チケットは完売です!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月11日
FOLLOW MY GIRL / THE JAPANESE HOUSE

1211.jpeg

今日ピックアップするのは、90位に初登場!
THE JAPANESE HOUSE、「FOLLOW MY GIRL」
イギリス、ロンドンを拠点に活動するアーティストなのに、
名前はザ・ジャパニーズ・ハウス。
その正体は...アンバー・ベインという女性シンガーソングライターです。

「THE JAPANESE HOUSE」という名前は、アンバーが、
イギリス南西部のデボンへ、家族旅行に出かけた際、
宿泊していた場所が日本の伝統的な茶屋風に装飾された
「The Japanese House」と呼ばれる家で、そこが気に入って、
アーティスト名につけたそう。

新曲は、来年3月にリリースが予定されるデビュー・アルバム
『Good At Falling』からの1曲。
アルバムのプロデュースは、ボン・イヴェールなどを手がけるBJ・バートン、
さらに、同じレーベルのThe 1975のメンバー、ジョージ・ダニエルなどが
参加しています。

ちなみに、2015年にデビュー当初、
アーティスト情報があまりありませんでした。
というのも、もともと内向的な性格だというアンバー。
曲を作るのは好きだけど、デビュー当時はステージに立つのも、
人前でパフォーマンスするのも嫌だったそう。で、素性を知られたくないし、
大勢の人に愛されたいとも思わない...と斜に構えていたところもあり、
影のあるミステリアスなアーティストというイメージでした。

しかし、ここ数年、精力的にライブ活動を行い、
アーティスト/パフォーマーとして成長。
来年リリースする初のアルバムでは、
自分の感情をかなり正直にさらけ出していると語っています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:49 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月10日
12/9 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/9に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:
2018年12月06日
足元 / 在日ファンク

KAKU90_JKT2.jpg

今日ピックアップするのは、100位に初登場!
在日ファンク「足元」
先月リリースになったNEWアルバム『再会』からの1曲です。

俳優としても大活躍の浜野謙太、ハマケン率いる在日ファンク!
昨年、活動10周年を迎えました!
7人組の大所帯バンドですが、
昨年は、メンバーの脱退と、新加入があったり、
さらにレーベル移籍があったり、いろいろ乗り越えて、NEWアルバムを作りました。

そこからの新曲「足元」は、
「バンド史上一番の前向きな歌詞!」な~んて言われてます。

多分10周年にいろいろあって、
「自分の足元をみて、新た1歩を踏み出そう!」という心境の新曲なのかもしれません。

在日ファンク、NEWアルバムをひっさげ、
ワンマンツアー「しようよ、再会」 スタートしました。
名古屋、札幌、大阪、福岡、広島をまわって、
ラストは、来年1月20日(日) 鶯谷にある、東京キネマ倶楽部!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月05日
タイムレス / THE CHARM PARK

100_ANTCD-29684.jpg

今日ピックアップするのは、86位に初登場!
THE CHARM PARK、「タイムレス」

シンガーソングライター、Charmによるソロユニット、
THE CHARM PARK。
小さい頃は、アメリカ・ロサンゼルスで過ごし、
その後、ボストンの音楽大学で勉強したという彼ですが、
2015年から、THE CHARM PARKとしての活動をスタートしています。
以来、TOKIO HOT 100チャートでは、常連。

最近は、テレビの音楽番組『関ジャム』で、
「音楽業界のクセ者が選ぶ、次来るアーティスト」と紹介されたり、
さらに注目を集めています。

そんな、CHARM PARK、本日、12月5日にメジャー1stアルバム
『Timeless Imperfections』をリリースしました。

アルバムは、2枚組で、本人曰く、、、
「トラック1から最後のトラックまで曲を飛ばさず、
同じテンションで聴けるアルバムにしたかった。
1枚にまとめようとしたら、どうしても難しくて、
2枚になっちゃいました」とのこと。

まあ、音楽的に、いろんな引き出しがあるってことですね。
Disc 1は、ダイナミックで、ジャンルレスなサウンドが満載。
Disc2は、美メロな、オーガニック・サウンドを追求しています。
ちなみにこの曲は、DISC2に入っています。

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月04日
HAPPY RAYS / THE BAWDIES

1204.jpg
今日ピックアップするのは、87位に初登場!
THE BAWDIES、「HAPPY RAYS」
来週、リリースになるNEWシングルですが、
ボーディーズ史上初めて、ストリングスを全編にフィーチャーしています。

THE BAWDIESといえば、、、
小学校からの同級生と、高校からの同級生、
4人がずっと仲良く一緒にやってますが、
来年、結成15周年、デビュー10周年を迎えます。
そんなメモリアルイヤーにむけ
今年4月にはベスト盤をリリース!

そして、NEWシングルは、来年1月に決まった、
日本武道館公演の記念シングルとして、
12月12日に、完全数量限定で発売されます。

今回、3度目の武道館ですが、
彼らにとって、武道館と言う場所は、自分たちが大好きなバンドのひとつ、
「あのビートルズが、はじめてロックコンサートをやった聖地!」
ということで、今回のシングルには、
ビートルズが武道館公演で来日したとき、
飛行機から降り立った時に着ていた法被を、
BAWDIESバージョンにして、シングルにオマケで、つけちゃってます!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 09:40 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年12月03日
チェキホ 11/25 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、11/25に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:


バックナンバー
2019年3月 (12)
2019年2月 (14)
2019年1月 (17)
2018年12月 (16)
2018年11月 (17)
2018年10月 (17)
2018年9月 (13)
2018年8月 (18)
2018年7月 (17)
2018年6月 (16)
2018年5月 (18)
2018年4月 (15)
2018年3月 (16)
2018年2月 (15)
2018年1月 (17)
2017年12月 (16)
2017年11月 (17)
2017年10月 (16)
2017年9月 (15)
2017年8月 (19)
2017年7月 (15)
2017年6月 (17)
2017年5月 (16)
2017年4月 (16)
2017年3月 (17)
2017年2月 (16)
2017年1月 (16)
2016年12月 (17)
2016年11月 (16)
2016年10月 (16)
2016年9月 (15)
2016年8月 (18)
2016年7月 (15)
2016年6月 (18)
2016年5月 (15)
2016年4月 (16)
2016年3月 (18)
2016年2月 (16)
2016年1月 (15)
2015年12月 (18)
2015年11月 (15)
2015年10月 (16)
2015年9月 (15)
2015年8月 (17)
2015年7月 (17)
2015年6月 (18)
2015年5月 (13)
2015年4月 (17)
2015年3月 (18)
2015年2月 (14)
2015年1月 (15)
2014年12月 (18)
2014年11月 (14)
2014年10月 (17)
2014年9月 (16)
2014年8月 (16)
2014年7月 (18)
2014年6月 (17)
2014年5月 (15)
2014年4月 (17)
2014年3月 (17)
2014年2月 (15)
2014年1月 (16)
2013年12月 (16)
2013年11月 (15)
2013年10月 (17)
2013年9月 (14)
2013年8月 (16)
2013年7月 (19)
2013年6月 (16)
2013年5月 (17)
2013年4月 (17)
2013年3月 (15)
2013年2月 (15)
2013年1月 (17)
2012年12月 (16)
2012年11月 (17)
2012年10月 (18)
2012年9月 (15)
2012年8月 (18)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (17)
2012年4月 (16)
2012年3月 (16)
2012年2月 (17)
2012年1月 (16)
2011年12月 (17)
2011年11月 (16)
2011年10月 (16)
2011年9月 (16)
2011年8月 (19)
2011年7月 (15)
2011年6月 (18)
2011年5月 (15)
2011年4月 (16)
2011年3月 (18)
2011年2月 (16)
2011年1月 (16)
2010年12月 (17)
2010年11月 (16)
2010年10月 (15)
2010年9月 (16)
2010年8月 (18)
2010年7月 (16)
2010年6月 (18)
2010年5月 (14)
2010年4月 (16)
2010年3月 (18)
2010年2月 (15)
2010年1月 (15)
2009年12月 (18)
2009年11月 (15)
2009年10月 (16)
2009年9月 (15)
2009年8月 (17)
2009年7月 (17)
2009年6月 (18)
2009年5月 (13)
2009年4月 (17)
2009年3月 (18)
2009年2月 (15)
2009年1月 (15)
2008年12月 (18)
2008年11月 (14)
2008年10月 (16)
2008年9月 (16)
2008年8月 (16)
2008年7月 (18)
2008年6月 (17)
2008年5月 (15)
2008年4月 (17)
2008年3月 (16)
2008年2月 (15)
2008年1月 (17)
2007年12月 (16)
2007年11月 (17)
2007年10月 (18)
2007年9月 (14)
2007年8月 (18)
2007年7月 (17)
2007年6月 (16)
2007年5月 (18)
2007年4月 (16)
2007年3月 (16)
2007年2月 (15)
2007年1月 (17)
2006年12月 (16)
2006年11月 (17)
2006年10月 (17)
2006年9月 (15)
2006年8月 (19)
2006年7月 (16)
2006年6月 (17)
2006年5月 (17)
2006年4月 (16)
2006年3月 (17)
2006年2月 (16)
2006年1月 (16)
2005年12月 (17)
2005年11月 (16)
2005年10月 (16)
2005年9月 (16)
2005年8月 (20)
カテゴリー
TOKIO HOT 100 AWARD (26)
今週のチャート (635)
注目曲をチェック! (1875)
最新記事
チェキホ 12/30 付最新チャートTOP5をCHECK
FREELANCE / TORO Y MOI
TELL ME IT'S OVER / AVRIL LAVIGNE
チェキホ 12/23 付最新チャートTOP5をCHECK
OLD FRIEND / ELDERBROOK
FREE! FREE! FREE! / 竹内アンナ
WE APPRECIATE POWER / GRIMES FEAT. HANA
チェキホ 12/16 付最新チャートTOP5をCHECK
WITH THE LOVE IN MY HEART / JACOB COLLIER, METROPOLE ORKEST & JULES BUCKLEY
NOTHING BREAKS LIKE A HEART / MARK RONSON feat. MILEY CYRUS
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.