Olympic TOKIO HOT 100
J-WAVEのポッドキャスト サイト J-pod TOPへ
番組登録方法
iTunesから番組登録
RSS Podcasting
RSSでPodcastingを
楽しむには…?
ORIGINAL SITE メッセージはこちらから
【来週のNO.1予想クイズ】
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE




HOME
2018年04月26日
DISCO YES / TOM MISCH feat. POPPY AJUDHA

81UCBBsAXkL._SX522_.jpg

今日ピックアップするのは、72位に初登場!
TOM MISCH feat. POPPY AJUDHA、「DISCO YES」

サウスロンドン出身の22歳、「UKから新たな才能!」と大注目のトム・ミッシュ!
幼いころは合唱団、4歳でバイオリン、9歳でギター、最初はロックにハマり、
その後、ヒップホップにハマリ、最近は、JAZZが好きだという、オールラウンダー。
リリースになったデビューアルバム『GEOGRAPHY』から、
実にこれで、5曲目のエントリー!

まあ、いろんな曲がJ-WAVEでオンエアになるということは・・・
それだけ、捨て曲なし! アルバムが素晴らしい出来ということ!
そんな、音楽の才能にあふれるトムですが、、、
「音楽の道にすすんでいなかったら、地理学の勉強をしたいと思っていた」
というほど、地理が好きなんだそう。
アルバムのタイトルも『GEOGRAPHY』=地理。

トムは、世界中の音楽が好きで、ブラジル、ディスコ、HIP-HOPなど、
様々な地域の音楽に影響をうけているので、
タイトルも『GEOGRAPHY』=「地理」なんだそうです。

『耳に触れたその瞬間、すべての音楽ファンが恋に落ちる!』

な~んていうキャッチがついているデビューアルバム『ジオグラフィー』
いろんなタイプの曲が入ってますが、、、こちらは・・・ディスコ!



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月25日
シドと白昼夢 / MIKA

disc.png

今日ピックアップするのは、95位に初登場!
MIKA、「シドと白昼夢」。
レバノン生まれ、ロンドン在住のシンガーソングライター、
MIKAが椎名林檎をカバーしました!

5月23日にリリースされる、
椎名林檎デビュー20周年をお祝いしたトリビュートアルバム
『アダムとイヴの林檎』に収録される曲ですが、、、
これが、なかなか素敵なカバーに仕上がっています。

MIKA曰く・・・
「ミュージック・カレッジに通っている頃から、
僕は椎名林檎の作品と歌声の大ファン!
いつもその勇気ある姿勢と、先鋭的な表現には刺激を受けていました。
だからこそ今回は彼女の曲を全く違う世界観に導けるよう頑張りました!」

ちなみに、MIKAの他に参加しているのは、、、
AI、井上陽水、宇多田ヒカル&小袋成彬、木村カエラ、私立恵比寿中学、
田島貴男、藤原さくら、松たか子、三浦大知、RHYMESTER、LiSA、
レキシ、さらに亀田誠治プロデュースで、
草野マサムネがボーカルのthe ウラシマ'S!
林檎嬢だけに、参加アーティストも豪華です!



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月24日
NICE FOR WHAT / DRAKE

music180407_drake_1-1200x1200.jpg

今日ピックアップするのは、60位に初登場。
DRAKE、「NICE FOR WHAT」
カナダ出身の人気ラッパードレイクの新曲です。

もちろん、リリースと同時に全米チャートでNO.1を獲得!
これでドレイクにとっては、25曲目の全米トップ10入りで、
これは、男性ソロ・アーティストとしては、
マイケル・ジャクソンの「29曲」、
スティーヴィー・ワンダーの「28曲」、
エルトン・ジョンの「27曲」に続く、最多記録!
そして、エルヴィス・プレスリーに並ぶ大記録だそうです。

そんなドレイク、6月には、5枚目となるスタジオ・アルバム
『SCORPION』をリリースすることを発表しています。
マイケルの記録まであと4曲・・・。
これは、時間の問題かもしれません。

ちなみに、DRAKEの新曲、「NICE FOR WHAT」
ローリン・ヒルの1998年の曲「Ex-Factor」をサンプルしていますが、
偶然、被ってしまったようです!
新曲がリリースされた同じ日に出た、
カーディ・Bのデビュー・アルバム『Invasion of Privacy』の収録曲
「Be Careful」でも、ローリンの「Ex-Factor」がネタになっています。
いま、ローリン・ネタが旬なんでしょうか!?



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:32 | カテゴリー:
2018年04月23日
4/22 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、4/22に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 08:53 | カテゴリー:
2018年04月19日
RESCUE ME / THIRTY SECONDS TO MARS

1522611112_xgc99jibyv0-1024x1024.jpg

今日ピックアップするのは、71位に初登場!
THIRTY SECONDS TO MARS、「RESCUE ME」

いま、俳優としてひっぱりだこ!
でも最初はミュージシャンを目指していたという
ジャレッド・レト率いるアメリカのロック・バンド、
サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ。

90年代から俳優をやっているジャレッド・レトですが、最近、特に人気ですね。
2013年の作品『ダラス・バイヤーズクラブ』で、
アカデミー助演男優賞をはじめ数々の映画賞を受賞!
その後、『スーサイド・スクワッド』や『ブレードランナー2049』など話題作に出演、
先月は、オール日本ロケを敢行した主演作、
Netflixオリジナル映画『アウトサイダー』も全世界で公開されました。

俳優として忙しかったからか、5年ぶりのNEWアルバムがリリースされました。
アルバムタイトルは・・・『アメリカ』。
ちなみに、ジャレッド・レトは、そのアルバム『アメリカ』の発売日の3日前から、
NYからLAをヒッチハイクで横断!各地のファンとふれあい、
その模様を、SNSで発信していたそう...。
ちょっとこの人、いい意味で、変わった人なので、、、おもろいことやります!



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月18日
BURN SO BRIGHT / BELLA THORNE

bella-thorne-burn-so-bright-midnight-sun-stream.jpg

今日ピックアップするのは、88位に初登場!
BELLA THORNE、「BURN SO BRIGHT」

アメリカの若手女優で、シンガーとしても活躍するベラ・ソーン!
エントリーしてきた曲は、彼女が主演する映画の中の曲。
その映画とは、来月公開になるハリウッド映画、
『ミッドナイト・サン~タイヨウのうた~』

聞いたことある! そうなんです。 この映画、2006年に公開された日本映画、
YUI主演の『タイヨウのうた』が、ハリウッド版として、リメイクされたもの。

物語は、、、ベラ演じる17歳の主人公は、太陽の光にあたれない"XP"という病気。
彼女の唯一の楽しみは、夜にギターを片手に駅前まで行き、
通行人を相手に歌をうたうこと。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。
彼に病気のことを隠したまま、次第に二人は恋に落ちていく・・・。

このチャーリー役を演じているのが、あの・・・I'LL BE BACK!
アーノルド・シュワルツェネッガーの長男、パトリック・シュワルツェネッガー!
・・・という話題の映画の試写会へ、J-WAVEリスナーの皆さまをご招待します!

J-WAVE J-me SPECIAL PREVIEW『ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~』
4月25日(水)午後7時から。会場はスペースFS汐留。
こちらのエントリー、4月18日の正午まで!
気になる方、急いでJ-WAVEサイト、チェックしてください。



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月17日
CALL OUT MY NAME / THE WEEKND

calloutmyname.jpg

今日ピックアップするのは、47位に初登場。
THE WEEKND、「CALL OUT MY NAME」

3/30に世界同時で、サプライズリリースされたTHE WEEKNDの3rdアルバム
『My Dear Melancholy』
もちろん、全米アルバムチャートでは初登場1位!
そこからのシングル「CALL OUT MY NAME」ですが、、、
その歌詞の内容から、もっぱら、
元カノ、セレーナ・ゴメスとの<失恋ソング>だと、噂が広がっています。

「壊れた場所にいる君を助けた / でも君に恋に落ちるのは間違いだった 
 僕の一部を君の人生のために捧げるところだった...」
これ、セレーナが腎臓移植した時のエピソードじゃないかと、言われてます。

なんてたって、アルバムタイトルが、『My Dear Melancholy』=僕の愛しの憂うつ。
その他の曲のタイトルも、、、
「Try Me」=「僕を試して」、「Wasted Times」=「時間のムダ」
「I Was Never There」=「僕はずっとそこにいなかった」
・・・などなど、アルバムの曲、すべてが失恋ソングです!

ちなみに、先日、コーチェラ・フェスティバル初日のトリを飾ったウィークエンド。
「Call Out My Name」を歌ったときは、目にキラリと光るものが...。
その場にいた観客からは、「ザ・ウィークエンドが泣いている!」というツイートが相次ぎました。

汗なのか、涙なのか、、、定かではありませんが、かなり感情がこもっていたことは確か。
なお、ザ・ウィークエンド、昨年のコーチェラはセレーナと一緒に来ていました。
...思い出しちゃったのかな!?

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月16日
4/15 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、4/15に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2018年04月12日
CHANGE / CHARLIE PUTH feat. JAMES TAYLOR

DZL9GviU0AEKN8Q.jpg

今日ピックアップするのは、87位に初登場!
CHARLIE PUTH feat. JAMES TAYLOR、「CHANGE」 

5月11日にリリースになる
チャーリー・プースのセカンド・アルバム『ボイスノーツ』から、
続々と新曲がエントリーしてきます。

今回の新曲「CHANGE」は、
先月、アメリカ各地で行われた銃規制を求める大規模なデモ行進
「March For Our Lives」で、プース自身も参加し、パフォーマンスした曲です。
イベントでは一人で歌いましたが、
レコーディングされたものは、アメリカの国民的歌手、
70年代を代表するシンガーソングライター、
ジェームス・テイラーと一緒に歌っています。

26歳と70歳、世代を超えたスペシャルコラボとして話題です。
プースは、この曲について、こんな風に言ってます。

「あのジェームス・テイラーとレコーディングができるなんて夢のようだった。
 彼という偉大なソングライターがいたからこそ、僕は音楽を作りたいと思えた。
 今回一緒に作品を作れて、本当に光栄だった。
 そしてこの「チェンジ」を「マーチ・フォー・アワ・ライブス」で初めて歌った時に、
 数千人の人々から感じたエモーション、
 そしてパークランドの高校乱射事件で生き残った
 ミアとヘイリーに会った時の気持ちを、僕は一生忘れない」



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月11日
LONG AS I LIVE / TONI BRAXTON

51Ualt1hgLL._SS500.jpg

今日ピックアップするのは、60位に初登場!
TONI BRAXTON、「LONG AS I LIVE」

これまで、グラミー賞も7度も受賞したことのある
スーパースターDIVA!トニブラ!
ベイビーフェイス・プロデュースの下、92年にデビュー。
90年代のR&Bブームの時は、、、とにかく売れました!

96年のセカンド・アルバム『シークレット』は、
全世界で1000万枚を超えるセールスを記録!
その後も、歌手として活動を続けるかたわら、
ブロードウェイ・ミュージカル「美女と野獣」で
ヒロインのベルを演じるなど、女優としても人気を獲得しましたが、
じつはスキャンダル女王でもあります。

98年には多額の借金を抱え、最初の自己破産を申請。
2010年には2度目の自己破産!
所属レーベルやマネージャーとのイザコザが絶えず、
プライベートでは、ミュージシャンの
ケリー・ルイスと結婚したものの2年で離婚。
2013年には音楽活動からの引退を発表...

つねにゴシップ紙をにぎわせてきたものの、
そのたびに復活! 根強い人気と根性の持ち主です。

そんなトニブラ、4年ぶりのNEWアルバムをリリースしました。
今作のタイトルは・・・『Sex And Cigarettes』。



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月09日
4/8 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、4/8に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 11:53 | カテゴリー:
2018年04月05日
ICE STATION ZEBRA / JACK WHITE

Jack_White_-_Boarding_House_Reach_cover_art.png

今日ピックアップするのは、29位にハイパワーデビュー!
初登場中、最も上位にエントリーしました。
JACK WHITE 「ICE STATION ZEBRA」

現代のロック・アイコン! ジャック・ホワイト。
ホワイト・ストライプスや、ラカンターズのメンバーとして活躍し、
2000年代の<ロックンロール・リヴァイヴァル>を牽引!
グラミー賞では8部門にわたり12度の受賞歴を誇るジャック!
先日、4年ぶり通算3作目となるソロ・オリジナル・アルバム
『Boarding House Reach』をリリースしました。

そのセールス・ポイントを稼いで、上位にエントリーです。
新曲「ICE STATION ZEBRA」ですが、
元々は、あのJAY-Zとのセッション・アルバムのために書かれた曲が、
お蔵入りとなっていましたが、このたび、日の目をみました!

新作アルバムでは、ジャックがさらに進化! R&Bやヒップホップの要素を取り入れ、
そこにジャック流のロック・エッセンスを注入しています!



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月04日
EVERYBODY HATES ME / THE CHAINSMOKERS

4dfa91060ddb4db31ec43905692b8647.1000x1000x1.jpg

今日ピックアップするのは、72位に初登場!
THE CHAINSMOKERS、「EVERYBODY HATES ME」

アンドリューとアレックスのデュオ、チェーンスモーカーズ!
2016年から2017年にかけてリリースする曲が立て続けに大ヒット!
ここ2年間の全世界トータル楽曲再生数は100億! 
ビデオ再生数は60億!
さらに、精力的にツアーも行い、世界でのチケット売上枚数は200万枚!

まさに、現代のヒットメーカーですが・・・
ココ日本でも、初の単独来日公演も決定しました。
関東は、6月7日 (木) 千葉 幕張メッセ
今年になって、1月から3ヶ月連続で新曲を発表しています。

1月にリリースした「Sick Boy」では、アメリカの社会を批判。
2月にリリースした「You Owe Me」では、マスコミを批判。
そして、3月にリリースしたこの「Everybody Hates Me」では、
SNSをやり玉にあげているようです。

とはいえ、SNS自体を否定しているわけではなく、
相手のことをよく知りもしないで心ない書き込みをする人や、
それに過剰に反応して被害妄想になる人、
SNSなしではいられない今の世の中への批判を込めた曲といわれています。

...それにしてもザ・チェインスモーカーズ、売れまくっているわりには
今年に入ってからダークな内容の曲ばかり発表してます! 



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月03日
LAKE STREET DIVE / GOOD KISSER

1_11891549.jpg

今日ピックアップするのは、90位に初登場。
LAKE STREET DIVE、「GOOD KISSER」

この、<レイク・ストリート・ダイヴ>
アメリカのボストンで結成された4人組バンド。
ヴォーカルのレイチェルと、ベースのブリジットが女子。
ギターと、ドラムが男子。ふたりともマイケルです。

「同じ学校に通っていた4人がバンドを結成した」というよくあるパターンですが、、、
全員がニューイングランド音楽院という名門音楽大学でジャズを学んでいて、
演奏もかなりうまいし曲も書けるという実力派!

で、当然やっている音楽もジャズなのかと思いきや、
ロック、ソウル、カントリー、ポップス、
なんでもござれのマルチジャンルな音楽集団です。

最初は自主制作、次にインディレーベルと契約し、地道なライブ活動を行ってきました。
2012年、ジャクソン5のヒット曲「I Want You Back」をカバーしたビデオが
YouTubeで話題を呼び、知名度がアップ。その後、音楽フェスやTV番組にも出演し、
2015年にメジャー契約をゲット!
 昨年ブルーノートTOKYOで初来日公演も行っています。
ちなみに、あのシェリル・クロウがレイク・ストリート・ダイヴの大ファンで、
ツイッターでも強力にプッシュしてます。

来月、メジャー第2弾となるニューアルバム『Free Yourself Up』をリリース予定。
「Good Kisser」はそこからのリードシングルです。



MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2018年04月02日
4/1 付最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、4/1に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

MP3download音声ファイルはこちらから

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:47 | カテゴリー:


バックナンバー
2018年8月 (10)
2018年7月 (16)
2018年6月 (16)
2018年5月 (18)
2018年4月 (15)
2018年3月 (16)
2018年2月 (15)
2018年1月 (17)
2017年12月 (16)
2017年11月 (17)
2017年10月 (16)
2017年9月 (15)
2017年8月 (19)
2017年7月 (15)
2017年6月 (17)
2017年5月 (16)
2017年4月 (16)
2017年3月 (17)
2017年2月 (16)
2017年1月 (16)
2016年12月 (17)
2016年11月 (16)
2016年10月 (16)
2016年9月 (15)
2016年8月 (18)
2016年7月 (15)
2016年6月 (18)
2016年5月 (15)
2016年4月 (16)
2016年3月 (18)
2016年2月 (16)
2016年1月 (15)
2015年12月 (18)
2015年11月 (15)
2015年10月 (16)
2015年9月 (15)
2015年8月 (17)
2015年7月 (17)
2015年6月 (18)
2015年5月 (13)
2015年4月 (17)
2015年3月 (18)
2015年2月 (14)
2015年1月 (15)
2014年12月 (18)
2014年11月 (14)
2014年10月 (17)
2014年9月 (16)
2014年8月 (16)
2014年7月 (18)
2014年6月 (17)
2014年5月 (15)
2014年4月 (17)
2014年3月 (17)
2014年2月 (15)
2014年1月 (16)
2013年12月 (16)
2013年11月 (15)
2013年10月 (17)
2013年9月 (14)
2013年8月 (16)
2013年7月 (19)
2013年6月 (16)
2013年5月 (17)
2013年4月 (17)
2013年3月 (15)
2013年2月 (15)
2013年1月 (17)
2012年12月 (16)
2012年11月 (17)
2012年10月 (18)
2012年9月 (15)
2012年8月 (18)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (17)
2012年4月 (16)
2012年3月 (16)
2012年2月 (17)
2012年1月 (16)
2011年12月 (17)
2011年11月 (16)
2011年10月 (16)
2011年9月 (16)
2011年8月 (19)
2011年7月 (15)
2011年6月 (18)
2011年5月 (15)
2011年4月 (16)
2011年3月 (18)
2011年2月 (16)
2011年1月 (16)
2010年12月 (17)
2010年11月 (16)
2010年10月 (15)
2010年9月 (16)
2010年8月 (18)
2010年7月 (16)
2010年6月 (18)
2010年5月 (14)
2010年4月 (16)
2010年3月 (18)
2010年2月 (15)
2010年1月 (15)
2009年12月 (18)
2009年11月 (15)
2009年10月 (16)
2009年9月 (15)
2009年8月 (17)
2009年7月 (17)
2009年6月 (18)
2009年5月 (13)
2009年4月 (17)
2009年3月 (18)
2009年2月 (15)
2009年1月 (15)
2008年12月 (18)
2008年11月 (14)
2008年10月 (16)
2008年9月 (16)
2008年8月 (16)
2008年7月 (18)
2008年6月 (17)
2008年5月 (15)
2008年4月 (17)
2008年3月 (16)
2008年2月 (15)
2008年1月 (17)
2007年12月 (16)
2007年11月 (17)
2007年10月 (18)
2007年9月 (14)
2007年8月 (18)
2007年7月 (17)
2007年6月 (16)
2007年5月 (18)
2007年4月 (16)
2007年3月 (16)
2007年2月 (15)
2007年1月 (17)
2006年12月 (16)
2006年11月 (17)
2006年10月 (17)
2006年9月 (15)
2006年8月 (19)
2006年7月 (16)
2006年6月 (17)
2006年5月 (17)
2006年4月 (16)
2006年3月 (17)
2006年2月 (16)
2006年1月 (16)
2005年12月 (17)
2005年11月 (16)
2005年10月 (16)
2005年9月 (16)
2005年8月 (20)
カテゴリー
TOKIO HOT 100 AWARD (26)
今週のチャート (618)
注目曲をチェック! (1794)
最新記事
DISCO YES / TOM MISCH feat. POPPY AJUDHA
シドと白昼夢 / MIKA
NICE FOR WHAT / DRAKE
4/22 付最新チャートTOP5をCHECK
RESCUE ME / THIRTY SECONDS TO MARS
BURN SO BRIGHT / BELLA THORNE
CALL OUT MY NAME / THE WEEKND
4/15 付最新チャートTOP5をCHECK
CHANGE / CHARLIE PUTH feat. JAMES TAYLOR
LONG AS I LIVE / TONI BRAXTON
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.