2019年11月29日

ニューカマー

30日から都心の鉄道網に新たな顔ぶれが登場します。これまで東京と無縁だった相鉄の電車が初めて多摩川を渡り、都内に乗り入れてきます。

Img_68301

都内への私鉄乗り入れは古くは日比谷線への東横、東武線乗り入れをはじめ、乗り入れの無い路線(銀座線・丸ノ内線・大江戸線等)を探すのが難しいくらい

そして相鉄だけは今まで他社との相互乗り入れが無く、したがって神奈川県内のみを往復し、自社の線路を走る車両は自社の車両だけでした。それが今回はJRとの相互乗り入れで、一気に埼玉県にまで!埼京線や横須賀線のレールを大手民鉄車両が走るのも(りんかい線を別格にすれば)これが初めてです。

他社の車両とはいうものの相鉄12000系、もとはと言えばJR233系と同じ工場で産まれた兄弟車の関係でもあり、メカニズム的には決して異端者受け入れではないようです。フロント周りを見るとまるでアストンマーチンのようなフロントグリルが目立ちますが、味気ないステンレスカラーが多くなった中にあって新鮮な驚きをもって受け入れられることでしょう。

Dscf6155

ところで相鉄にはもう一つの隠し玉があって東急東横線・目黒線日吉駅まで延伸するもう一つの新規路線が開業を控えています。こちらの乗り入れ車両は20000系,JR乗り入れ仕様とは顔だちもサイズも違う別車種です。こちらは数百メートル離れた東急線の鉄橋で多摩川を渡り東京入りを果たします。

二つのルートを渡って二種類の相鉄ニュー・カマーが都内に乗り入れてくる!!

昔、愛用した相鉄電車とは似ても似つかぬ姿ですが、12000系と入れ替わりに7000系相鉄車両が姿を消したのは寂しい限り。新車当時の乗り心地を堪能しただけに・・・・・相鉄独特の個性は薄れてしまったものの、最寄駅から相鉄車両に乗れる日が待ち遠しい限りです・・・

| 03:11 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー

カテゴリー