2019年05月14日

大屋根プラザでは

いま、大屋根プラザでボルボの最新モデルが展示されています。二年連続で日本のカーオブザイヤーを勝ち取ったXC40,60ももちろん、正統派ワゴンのⅤ60も並んでいます。

思い返してみれば日本にワゴンブームを根付かせたのは遠い先祖の240系ワゴン。70年代から不変のスタイルもさることながら、高い実用性と安全性がなによりも自慢のクルマでした。このキャラクターが国産車にも受け継がれることとなり、レガシィ・ワゴンを始めメルセデスCクラス,BMW3シリーズにもライバルが加わったものでした。

Dscf2009-3ドイツ車に似たゲルマン系のキャラクターのボルボブランドですが、最新のXC40はちょっと毛色が変わったモデルとも言えなくもありません。好評の理由はそのサイズにもあり4400mmの全長はカローラやリーフといった平均的サイズにも近いものがあります。
そして、最も際立つ特徴はこれまでになかったデザインテイスト。
フロントフードはサイドに迄回り込む立体的な造形を持つだけでなく、サイドに向けて流れるような、波紋のようなプレスラインが目を惹きます。正面や上から眺めると切り口が見えないのもメリット。リアドアのキックアップもまた然り、これまでのボルボには無かった冒険です。さらに、ここを境目に上下に塗り分けられたツートーンカラー。これも従来にはなかったキャラクターです。

Dscf2003

質実剛健が売りもので比較的過飾を避けていた伝統はそのままに、斬新なデザインテイストを併せ持つ。次の時代に向けてボルボが変わり始める兆しかも・・・・・

2019 VOLVO POP UP STORE

六本木ヒルズ 大屋根プラザで19日(日)まで11:00~20:00

| 22:53 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー