2019年03月08日

Early60s

アメリカがまだベトナム戦の泥沼に嵌る前、ケネディ大統領が健在だった60年代初頭は,トランプ青年でなくても幸せだったと感じる古き良き時代だったのではないでしょうか?・・・ごく一部の人々を除けば・・・・・・

パンチ一発でもめ事を解決するのが取り柄のトニーはNYのクラブ;コパカバーナで働いていたものの、店は二カ月の休業に・・・・・その間家族を食わせなければやっていけない・・・・・・・付いた仕事が黒人ミュージシャンの運転手だった。

黒人著名ピアニスト:ドン・シャーリー/:Donald Walbridge Shirleyとイタリア系貧乏オヤジの凸凹コンビのロードム^-ビー・・・・仏映画『最強のふたり』( Intouchables、2011)を思わせる設定ですが、どちらも実話がベース。二人とも近年までお元気でした。

ターコイズ・ブルーのキャデラック4ドアハードトップで、敢えて黒人差別の激しい南部に飛び込み、差別に抗するクールで高潔な態度の理知的なピアニストを、最初黒人を毛嫌いしていたトニーはどこか尊敬していた。

映画の全編を通してバックに流れるジャズやソウルのナンバーもどこか聞き覚えの在りそうな懐かしいサウンドであふれています。もしもアメリカにジャズもソウルもロックもなかったら、アメリカンミュージックは退屈な曲の羅列に終わっていたかも?



家に帰って、押し入れから発掘した(昔、父が買い集めた)古いジャズの名盤たちに半世紀ぶりに針を落としてみるとしますか・・・・

| 12:42 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー