2014年12月01日

美女とりえとブラッド・ピット

 毎月一日は一本1000円で映画が見られる映画の日。一日に3本ハシゴしても3000円、今話題の寄生獣をはじめ,来年の賞穫りレースに向けて話題作が相次ぎ公開、いずれも秀作揃いです。じゃあ,さっそく寄生獣でも・・・いや、映像で血や肉は見たくないので招待券か何かに機会を譲るとして、==========まずは美女と野獣から==== === =
 
 ことし大ヒットしたディズニー作品「アナ雪」とは違い、こちらはフランス製作の実写版映画。劇場版ミュージカルの方を見たあとでも、ストーリーが絶妙にアレンジされているので最後まで展開が読めません。舞台では再現できない映像効果もふんだんに取り入れ,フランス製作ならではの美しいロケ地、豪華な衣装の数々・・・・
 そしてアニメではない,実写で描かれたファンタジーでは実物の女優さんの美しさが何よりの命。見覚えのある顔とおもいきや「マリー・アントワネットに別れをつげて」で主役を演じ、東京国際映画祭にも顔を出していたあの人;レア・セドゥーだったんですね。今度は007の次回作にも出演するらしく,その対比も楽しみです。
 監督のクリストフ・ガンズ監督は大魔神や松本零士など、日本作品にもリスペクトの気持ちを抱いているそうで、そういわれてみると,何となくもののけ姫が出て来そうな古城にも納得が行きます。

 渋谷のとある映画感では満員売り切れ続出でした・・・寄生獣は空いてるのにね

| 15:53 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー