2009年10月13日

過ぎたるは及ばざるが如し

前原国土交通大臣の発言が波紋を
広げています。

羽田空港を24時間運用の国際ハブ空港
として優先整備し、羽田は国内、成田は
国際のすみ分け原則を事実上撤廃すると
いうものです。

当然のことながら、寝耳に水の地元はこの発言に
猛反発しています。

成田空港建設の歴史と経緯を知れば、この反発は
当然のことでしょう。

前原大臣は、日本にはハブ空港は存在しない、
韓国の仁川空港が日本のハブ空港になっているとも
発言しています。

こうした現状から羽田空港のハブ空港化は必要と
いうわけです。

確かに、韓国、中国、シンガポールと、日本近隣の
アジア各国が巨大空港を建設し、アジアのハブ空港の
覇権を競っていますが、乗降客数の比較で見ると、
東京の羽田空港はまだ世界のベスト5に入っています。
(勿論、その多くは国内線利用客ですが・・・・)

そもそも、日本の国際空港を羽田から成田に移したのは、
増加の一途を辿る航空利用客に対し、羽田が手狭に
なり、騒音問題や当時の空港建設のレベルでは海上への
拡張も困難だったため、内陸の成田が選ばれたはずです。

しかも、地元対策の歪として国際線は成田、国内線は
羽田という首を傾げたくなるようなすみ分け原則が
生み出されました。

ところが、その後30年、40年が経過して、空港建設の
技術革新や航空機の騒音問題も軽減し、羽田空港でも
海上への拡張が可能となり、都心と直結する国際空港
として羽田が再び脚光を浴びるようになりました。

事ほど左様に、航空戦略というものは50年先、100年
先を見越した立案計画が必要だというのに、驚くべき
事にこの国には航空運輸行政に卓越したビジョンを
示しうる人材がほとんど存在しません。

常に場当たりの航空行政では、今回のような発言が
突然飛び出し、波紋が広がるのは当然でしょう。

日本において、航空運輸はどうあるべきなのか、
国内航空路線や地方空港の問題ばかりでなく、
世界の中の日本というスタンスでの検討が必要に
なってきます。

勿論、この際は10年後、20年後、50年後の航空技術の
進歩も視野に入れるのは当然ですが、航空運輸形態の
変化も視野に入れる必要があります。

ハブ空港方式が果たしていつまで航空運輸の主流に
成り得るのか、大量輸送時代の花形としてもてはやされた
ハブ空港方式はもはや過去のものとする意見もあります。

ボーイングが主張しているように、各都市の空港を
長距離中・大型機でダイレクトに運航する考え方も
徐々に浸透しつつあります。

前原発言をきっかけに、今後、航空運輸を巡る論議が活発に
なると思いますが、くれぐれも目先の利便性だけに
捉われず、長期展望に則った見識ある議論を期待したい
ものです。

| 09:05 | コメント(6) | トラックバック(0) | カテゴリー:田中穂蓄

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://pod.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/16734

コメント

田中さん、おはようございます!!

今朝は、松岡さんのニュース始め、どこもこのニュースでしたね。
そして、田中さんが、ブログでお取り上げになるのではないか、直感していました・・・

前原大臣は3つ違いで同世代です。
今回の件は、賛成・反対どちらも唱えがたいですが、議論として机上に乗る事は大切だと考えます。
今ある既得権益・過去の経緯だけに縛られる必要はなく、改革・提案を議題として提出するのは必要ではないでしょうか?
もちろん、田中さんがおっしゃっているように、短期的な利便性だけでなく、5年後・10年後・20年後・・・と、将来を見据えた議論を期待したいです。

田中さん、おととい行って来たのは、実は中部国際空港でした。
たまたま会場の最寄駅が中部国際空港駅で、交通手段は新幹線+名鉄でした。
空港のタラップ等へ足を運ぶ余裕はなかったのですが、「空港駅」に、お恥ずかしながら初めてア日を運びました・・・
上京前住んでいた実家は、伊丹空港への通り道(市営住宅の上を、毎日通過していました)だったのを除けば、今住んでいるところが、住所的には成田の方ですが、どこもアクセス的に離れており、おとといが「初・空港駅見参」となりました。

投稿者 ちなみん : 2009年10月13日 10:25

おっしゃるとうり!
四本五本と拡張しても横田ベースの広大な空域がナントカナラナイカギリ!羽田の手狭な空域はなんともナランす。九十九里でサーフィンしてると、成田からぐるーと回り込んで上昇していくのがよく見えます。渋滞時は次から次へ三機は視界に入ります。
大臣先走りしすぎな感じがするのは否めません。
成田の今までがあったから怒る人一杯出ますよそりゃ。

投稿者 とび : 2009年10月13日 22:11

本日夕方に成田を使ってきたしろくまでございます。
今日は着陸後のタキシングが10分ぐらいで済みました(笑)

大臣の発言が波紋を広げているようですが、個人的には賛成です。
成田は未だにまともな滑走路が1本しかないので、かなり
使い勝手が悪いですし。将来的にも明るい展望が
見込めなさそうなので、選択と集中という観点では
羽田に注力するのは自然かと思います。未だに関東圏で
24時間空港はありませんから。

ただ、空港もインフラの一部ですから、単に空港だけではなくて、
ほかの交通機関とセットで考えるべきだと思います。
羽田がハブになっても、そこから目的地に向かう手段が
貧弱だったら意味がないですし。

羽田は空港から先が混雑、成田は空港自体が混雑して
いますから、大々的な改革をしないといつまで経っても
良くならないかもしれませんね。

投稿者 しろくま : 2009年10月13日 22:59

ちなみんさん、ありがとうございます。
中部国際空港には、飛行機を間近で見られる見学ツアーがあります。機会があったら是非、参加されてみては
いかがでしょうか。
シアトルのボーイング社に旅客機の主翼を運搬する巨大
ジャンボの姿も見られます。

投稿者 ホヅミ : 2009年10月14日 17:22

とびさん、ありがとうございます。
グローバルな規模で様々な活動が行われる現代に於いて、空の玄関である空港がこんなにも蔑ろにされる国家は先進国では他にありません。
戦後間もなく、進駐軍によって日本の航空活動が一切
禁止されたからといって、そのトラウマを引きずるのは
もういい加減止めにしませんか。
と言っても、若い皆さん方にはお分かりにならないかも
知れませんが、日本人はもっと航空活動に対して積極的にならなければいけないと思います。
何も戦争の道具を造ろうと言っている訳ではありません。資源の無い日本は知識集約型の産業である航空宇宙産業をこれからの基幹産業にしなければ、やがて周辺各国の経済成長に遅れをとるのは目に見えています。
空港建設も既存の空港整備もそのための投資と考えれば
必ずしも無駄な箱物とばかりは言えないと思うのですが・・・・

投稿者 ホヅミ : 2009年10月14日 17:43

しろくまさん、ありがとうございます。
羽田のハブ空港化は私も必要だと思います。
ただ、それを進めるためには、成田空港を抱える地元との調整が必要であることは言うまでもありません。
羽田を巨大空港化するのは、不可能とは言いませんがかなり困難であることは間違いありません。
そうなると、以前から申し上げているように成田との
共同運用により、首都圏と千葉(成田)を取り込んだハブ空域圏を作り上げれば巨大空港に匹敵する機能を持たせることが出来るはずです。
勿論、二つの空港を結ぶ高速鉄道(リニア)の開発や、
バスやタクシー運賃並みの小型機によるシャトル便の
ピストン輸送は必須条件となりますが、いずれにしても
東京、成田をはじめ各地の空港からいつでも自由に国内は勿論のこと海外に行ける環境を整えることが急務だと思うのですが・・・・

投稿者 ホヅミ : 2009年10月14日 18:08

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2013年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー