2009年10月19日

Enjoy ! Adventure Life 09 Vol.9-2  やっぱり登ります♪

shimo19.jpg

びっしりと苔むした緑の岩壁。

大自然の息吹を感じる北アルプスの山奥なのに、
下の廊下を北上すると、人工物が次々と姿を現します。

shimo20.JPG
黒四発電所の電線や・・・

shimo21.JPG
コンクリートで囲われたトンネル・・・

shimo22.JPG
その先に現れた仙人ダム・・・

そもそも下の廊下は、
電力開発のために人々が山へ入るために切り開かれた道。
美しい川の流れと風景を楽しむための道ではないのです。


下の廊下を楽しんだあとは阿曽原小屋に泊まるのが定番。
でも下の廊下は標高が低く、平坦な道が多いので、
もっと大自然に、もっと緑に包まれたいという思いから
雲切新道の急登を上がり、池の平小屋を目指す事にしました。
shimo23.JPG

| 18:26 | コメント(8) | トラックバック(0) | カテゴリー:手島里華

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://pod.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/16753

コメント

テジマさん、続き待ってました。
水平歩道を、欅平へ向かわず池ノ平へ登るなんてテジマさんらしい。昨年、小窓まで行かれたんでしたよね。最終的には剱岳に登られたということですか?驚きの展開、話の続きに興味津々です。
ちなみに、雲切新道は2年前に阿曽原小屋の方たちが中心となって拓かれたと聞いています。まだできたての登山道の歩き具合を教えてください。参考にしたいと思っています。よろしくお願いします。

投稿者 山歩おやじ : 2009年10月19日 20:42

ハンド・アイランドさん

んー、人工建造物のおかげで未知なる自然を再発見するって、何か皮肉ですね。。しかしこんなとこばりばり進んでいくバイタリティ、流石です。

投稿者 king : 2009年10月19日 21:51

テジマさん、お疲れさまです~
今日は、恒例の月命日で、23:01;とまるさんのニュースは、東京到着直後聴けました(^-^)v
早くも、母が亡くなってちょうど2年半です…
今日昼ご担当は、杉江さんのピンチヒッターでテジマさんでしたね!!
以前なら、帰宅後驚くパターンですが、Brandnew-Jでテジマさんのトラフィックを実家で聴けました!!
さてテジマさん、今回は、どのお写真も素敵で、1つに絞れません^^;
一面の緑が、心を癒やしてくれますね(^-^)/

投稿者 ちなみん : 2009年10月19日 23:25

手島さん、
トンネルの感じ、興味深いです。
山の感じなんて臨場感ありますよね、風景が想像できます

投稿者 ピー : 2009年10月20日 12:03

☆山歩おやじさん
雲切新道はできたばかりの登山道だったのですね。
知りませんでした。
かなり急な坂道でしたよ。
これがしばらく続きます。
途中で休んでいる方を何名も見かけました。

私はいつもバタバタ山行になってしまいますが、
余裕がありましたら、
初日は下の廊下を満喫して阿曽原に泊まり、
翌日、雲切新道を登り仙人温泉小屋に泊まって露天風呂を満喫♪
それでは距離が短いという場合は、
池の平まで上がって剣の前峰などを見て仙人池ヒュッテに泊まってお風呂に入る・・・
こんなコースはいかがでしょうか?

投稿者 テジマ : 2009年10月26日 16:13

☆kingさん
ハンド・アイランドです(笑)。
全く皮肉な話です。
人間が切り開いたから、そこにある自然の造形美が楽しめるなんて。
もし切り開かれていなければ、訪れる事ができなかったわけですからね。
山に登って送電線が見えなくなったらなぜかホッとしました(笑)。

投稿者 テジマ : 2009年10月26日 16:17

☆ちなみんさん
もう2年半になるのですね・・・。
ご実家でBrandnew-Jを聞かれていたとは!
ネットラジオは世界中で聞けるので、海外に住む友だちも聞いてくれます。
海を越えた場所に私の声が届いているなんて・・・!!

投稿者 テジマ : 2009年10月26日 16:20

☆ピーさん
少しでも臨場感ある写真を!と思っているので、
ピーさんのコメント、とても嬉しいです♪

投稿者 テジマ : 2009年10月26日 16:21

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2013年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー