2009年10月06日

Enjoy ! Adventure Life 09 Vol.8-1  富士山頂へ

銀色の光を放った中秋の名月が姿を隠し、
パワーを抱えた朝日が昇ってきました。

fuji1.JPG

月夜を楽しんだあとは、山頂の風景を楽しまなければ!

この青空・・・頂上までは問題なく行ける天候ですが、
車を揺らすほどの強風が気になります。
台風が近づいているからでしょう。

とりあえず行ける所まで行ってみましょう!

静岡県側から山頂を目指すのは2度目。

まずは宝永河口の淵を歩きます。
fuji2.JPG

10月といっても数人の登山客がいました。

ところがこの日は強風が吹き荒れ、
(私も風でバランスを崩して何度もよろけたし、
 前を歩く家族の声はまったく聞こえないし、
 服を着ようにも風が邪魔してうまく着られないし・・・)
山頂を目指す人は少なく、
山肌を見渡しても人はほとんど確認できませんでした(笑)。

夏山からは想像できませんね。

fuji3.JPG
宝永河口から見上げる山頂。
大きいですね、富士山は!

fujifuji1.JPG
この頃はまだ表情に余裕がありますね。

このあと山頂へ向けて登り始めると・・・
登るのに必死で写真を撮るのも忘れてました(笑)。
強風を正面からまともに受けるので、
足を1歩出しても半歩戻されるような状況。
せっかくここまで来たから・・・登らせてくれないかなぁ。

fuji5.JPG
もう山小屋はすべて閉まっていました。

fuji6.JPG
岩場の下には氷柱が。

山頂には・・・もう冬が訪れているのでしょうか?

| 23:55 | コメント(4) | トラックバック(0) | カテゴリー:手島里華

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://pod.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/16711

コメント

テジマさん、おはようございます!!
また翌朝にまたがってしまいました・・・(汗)
テジマさん、一番初めの写真、すごくきれいな写真ですね!!
3段目・4段目も捨てがたいですが、個人的には1番上の写真に惹かれます^^
3番目は青空・宝永河口の滑らかな山肌に感嘆します!!

投稿者 ちなみん : 2009年10月07日 07:54

それでそれで、それからどうなったんですか?
連続ドラマの「To be continued」のようですね。「あー、ここできれるんだぁー」みたいな(笑)

投稿者 のび太@さいたま : 2009年10月07日 08:28

☆ちなみんさん
富士山も迫力のある山ですね。
快晴の青空をバックに聳える富士山。
改めて写真を見ると・・・大きすぎて怖いような(笑)。

投稿者 テジマ : 2009年10月19日 12:59

☆のび太@さいたまさん
はっはっはっ(笑)!
続きをご覧ください・・・!

投稿者 テジマ : 2009年10月19日 13:40

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2013年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー