2009年03月03日

きょうは民放ラジオの日

3月3日は「ひな祭り」、なんですが・・・・・・

3と3にちなんで「耳」、つまり耳で聴く
音声メディア、「民放ラジオの日」でも
あります。

J-WAVEは今朝からお祭りモード、
別所さんも大張切りでした。

ところで、以前にもお話したと思いますが、
民間放送が誕生したのは1951年(昭和26年)
9月1日、名古屋の中部日本放送(CBC)が
第1号となりました。

「中部日本放送、JOAR、1090キロサイクルで
お送りいたします。皆さん、おはようございます。
こちらは名古屋のCBC、中部日本放送で
ございます」

当時、大蔵省を経てCBCに入社した宇井昇
アナウンサーの第一声です。
(残念ながら宇井アナウンサーは昨年3月に
東京江戸川区のアパート火災で亡くなって
おられます。享年84歳でした)

CBCが民放ラジオ第1号として産声を上げた
その年の暮れに東京でもラジオ東京や
文化放送、年明け少し遅れてニッポン放送が
相次いで誕生しました。

FM放送が誕生したのは1969年、名古屋
のFM愛知が最初でした。
AM、FMともにラジオ局の第1号は名古屋と
いうのがいかにも新し物好きの名古屋人らしい
ところです。

東京にFM東京が誕生したのが1970年、
J-WAVEは1988年に開局しました。

J-WAVEの開局第一声は、当時、
TBSラジオで活躍していた遠藤泰子アナ
とジョン・カビラさんの日本語と英語による
ステーションコールでした。

それから半世紀以上、民放ラジオは様々な
時代の声を伝え続けてきました。
聴くラジオから参加するラジオへ・・・・・

これまでも、そしてこれからもラジオは生活の
糧として、また情報源として活躍し続けていく
ことでしょう。

あなたにとって、ラジオとは何ですか?

| 10:00 | コメント(8) | トラックバック(0) | カテゴリー:田中穂蓄

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://pod.j-wave.co.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/15891

コメント

ブルータス(マガジンハウス)のラジオの特集号が版元品切れ返品待ちになるなど、(商売的には辛いものの)ラジオって絶大な支持を受けているメディアなんだなぁ…と思っています。そしてこの週末、NHK-FMはFM40年として大特番をやっていましたね。
やっとラジオを手軽に録音して自分の好きな時間に聞けるような手段が揃ってきたので、「深夜放送を聴いて翌日辛い」ということを回避しやすくなったこともいいことだと思っています。もちろん生放送をリアルタイムで聞くのがベストだとは思いますが、そもそも聴かれない番組ではお話になりません。生活に支障を与えることなく聞けるならそれはそれでいいと思っています。
(そういった意味では、エアチェックもpodcastも同列で楽しんでいるともいえます。)

テレビを消してラジオだけの時間も多いですよ。
ラジオがない生活の方が耐えられません。

投稿者 PAKU : 2009年03月03日 13:53

私にとってラジオは 私の生きがいです(笑) やっぱJ-WAVEに限ります

投稿者 みいかめ : 2009年03月03日 23:01

田中さん、お疲れさまです。
遅くなりました…
はい、自分にとってラジオ、いえJ-WAVEは生きる活力、すべてです!!
自分の耳元をJ-WAVEが流れなくなったら、同時に自分の中の血液もながれなくなります…
J-WAVEを聴けない生活はあり得ないし、人生はありません!!
今日はダラダラ述べません、以上です。

投稿者 ちなみん : 2009年03月04日 00:17

私にとって「ラジオ」は最後まで頼りにしたい情報源です。又、一番身近な情報源でもあります。同時に、おそらく一番お気に入りのマスメディアです。
大好きな楽曲が不意に流れてくる小さな幸せ、知りたい事を的確に解りやすく伝えてくれるニュース、素敵な声のナビゲーターの方々、枚挙に暇がありません。
一リスナーとしては、「J-WAVE」と言うイカシタ局を開設してくださって、大変感謝しています。

投稿者 KAWAノリ : 2009年03月04日 00:46

昨日のGLでのJ-WAVE~NACK5のやりとりは楽しかったですね!NACK5での秀島さんメールが惜しいところでJ-WAVEのON・AIRに重ならなかったのはホントに残念!(あと数十秒ピストンさんが我慢していれば・・・笑)
ところで、以前からぜひ田中さんにお伺いしたいことがあり、今日書き込みます。
なんで、J-WAVEは“81.3”MHZと中途半端?な周波数なのでしょうか。東京FM80.0、NACK5 79.5、bayfm78.0、NHK82.5と、関東圏の主なFM局は0.5刻みですが、J-WAVEが81.3となった理由がネットの情報を探しても見当たりません。田中さんならご存知かと・・・よろしくお願いします。

投稿者 のび太@さいたま : 2009年03月04日 09:09

>のび太さん
田中さんは古いラジオマンですが、出はエフエム東京な方なので、J開局当時は半蔵門にいらっしゃいましたから、Jの開局秘話関係はご存じないと思われます。
FM放送は、県域民放1局時代が長く続いた後に、2局→多曲→コミュニティ許可と局数が増えましたが、J-WAVEが開局した頃はまだ東京エリアには、NHK-FMとエフエム東京しかありませんでした。
そんな中で、新しい放送局ですから、両者の間の周波数ならチューニングを行き来するときに途中で一瞬なにか聞こえることになります。
これがどちらかの外れだったら、そこまでダイヤルを回してもらえなければずっと存在に気づいてもらえません。
ついでに、既存の放送局の周波数が十分に離れていることも要求されるので両者の中間地点81.25MHz→端数を丸めて81.3MHzを使いたと郵政省に申し出をしたのだと考えるのが妥当かと思います。

投稿者 PAKU : 2009年03月04日 23:12

>PAKUさん
ありがとうございました。
PAKUさんのご説明、結構納得感があります。
なるほどねー!「スッキリ」です(笑)

投稿者 のび太@さいたま : 2009年03月06日 08:39

皆さん、ありがとうございます。
これほどまでにラジオ、いやJ-WAVEが愛されて
いるのかと思うと感謝感激です!!!
特にPAKUさん、私に代わってお答えいただき
ありがとうございました。
ほぼ、その説明で正解だと思います。J-WAVEの
方もそんな風におっしゃっていました。
(何分、世代代わりしているもので)
それにしてもPAKUさん、何でもかんでもご存知で、
コノヤロ!なんちゃって・・・・・(笑)

投稿者 ホヅミ : 2009年03月06日 16:37

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2013年 9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

カテゴリー