« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年4月 アーカイブ

2012年4月 2日

4月2日(月)大東文化大学・准教授 山口謡司さん

音声ファイルをダウンロード
TOKYOに芽吹く“新芽”

今朝は、この4月ならではの<空気感>をつくりだしている
<ある実態>をエディット!
「言語学」の研究をしている 大東文化大学・准教授の山口謡司さんに教えて頂きました。

2012年4月 3日

4月3日(火)マーケティング・コンサルタント・ライター 郷好文さん

音声ファイルをダウンロード
一緒になれる街・丸の内

今朝は、先月、丸の内にオープンした商業施設「iiyo!!」の登場から見えてくる、<街の変化>をエディット!
丸の内の再開発について、マーケティング・コンサルタントでライターの、郷好文さんに、お話を伺いました。

2012年4月 4日

4月4日(水)音楽キュレーター ニック・ラスコムさん

音声ファイルをダウンロード
MUSCICITY

指定されたTOKYOのスポットへ行き、スマホでmusicityにアクセスすると、イギリスと日本のミュージシャンが書き下ろした、その場所に相応しい楽曲を聴くことができるサービスをエディット!

このmusicityの創設者、ブロードキャスターであり音楽キュレーターでもあるニック・ラスコムさんに、実際にロンドンではどんな受け止められ方をしているのか伺いました。

2012年4月 5日

4月5日(木)東京大学大学院 総合文化研究科・教授、ロバート・キャンベルさん

音声ファイルをダウンロード
TOKYOの原風景

今朝は、「桜」が<TOKYO>に運んでくる<TOKYOの景色>をエディット!
日本文学がご専門の東京大学大学院 総合文化研究科・教授、ロバート・キャンベルさんに、お話を伺いました。

2012年4月 9日

4月9日(月)ITジャーナリスト 石川 温さん

音声ファイルをダウンロード
代々木系

今や私たちのライフスタイルに大きく<インバウンド>した<スマートホン=スマホ>をエディット!
ITジャーナリストの石川 温さんに、お話を伺いました。

2012年4月10日

4月10日(火)早稲田大学エクステンションセンター講師 菅野俊輔さん

音声ファイルをダウンロード

「間」が作り出す、ボランティア

今朝は、「江戸」から「東京」へと、時を越えてインバウンドする、「間」をエディット!
江戸文化研家で、早稲田大学エクステンションセンター講師の、菅野俊輔さんに、お話を伺いました。

2012年4月11日

4月11日(水)社会保険・労務士法人ACROSEED 代表 秋山周二さん

音声ファイルをダウンロード
組織の国際化

今朝エディットしたワードは・・・
【組織の国際化】
・東京都の集計によれば、東京都に登録している外国人は40万人以上。
 日本にいる外国人の数はおよそ200万人。
 つまり、5分の1が、ここ東京にインバウンドしています。
・そんな中、企業は採用にあたり、留学生を「潜在的に能力が高い」、
 「自己実現意識が高い」と高評価しているところも。
・国を変えて就職活動しているので、日本人もさらに高い志が必要となっていきそうです。

2012年4月12日

4月12日(木)自転車活用推進研究会・理事長の小林成基さん

音声ファイルをダウンロード
1%

今朝エディットしたワードは・・・
【1%】
・街に放置自転車があるのは日本だけ。
・乗っている時間よりも長い、止まっている自転車のデザインが重要。
・自転車シェアリングの実証実験も、過去都内で行われましたが、
 なかなか定着していない。
・先進国のパリ市内の成功例を見ると、人口の1%以上のシェアサイクルが、
 街に配置れる必要がありそうです。

2012年4月16日

4月16日(月)「COS-PA」代表取締役 緑川優子さん

音声ファイルをダウンロード

着替え+α


今朝は、毎日、多くの若者がインバウンドする「原宿」をエディット。
原宿を行きかう人の中には、個性あふれる装いをしている人も見かけます。
そういった人たちは、どこで着替えをしているのでしょうか?
渋谷で、着替えもできるパウダールーム・サービスを提供している、「COS-PA」の代表取締役、緑川優子さんに、お話を伺いました。


今朝エディットしたワードは・・・
【着替え+α】
・「着替えスペース」というビジネスモデルが、形になるためには、
 単に「キレイな着替える場所」というだけでなく、
 そこに+αが無ければならない。
・逆を言えば、それだけ東京のトイレはキレイなところが多い、ということ。

2012年4月17日

4月17日(火)文化学園大学 服装学部 教授 高村是州さん

音声ファイルをダウンロード
つけぼくろ

・映画「ARTIST」で、象徴的に扱われている「つけぼくろ」のシーン。
・1920年代から30年代の女性がファッションやメイクを通して、どう変わっていったのか・・・
・ARTISTに限らず、映画を通して、こんな空気を感じとってみてはいかがでしょう?

2012年4月18日

4月18日(水)「ビストロ・ウオキン」マネージャー 田中さん

音声ファイルをダウンロード
袖振りあうも他生のバル

ここ数年、みなさんの周りでも「バル」と呼ばれる、いわゆる立ち飲み形式のレストランって増えてませんか?
イタリアン、フレンチ、スパニッシュ・・・そんな国のお料理が身近になったと思いませんか?
今朝は1ヶ月先まで予約がよれない程の人気を誇るバル、「ビストロ・ウオキン」のマネージャー、田中さんに、お話を伺いました。


今朝エディットしたワードは・・・
【袖振りあうも他生のバル】

2012年4月19日

4月19日(木)自然科学ライター 川上洋一さん

音声ファイルをダウンロード
東京砂漠化?!


今朝は<ペット>という言葉から<東京の生物>をエディット。
日本でペットブームが起きたのは、1970年代。
それ以降、現在に至るまで、さまざまな動物がTOKYOにインバウンドする一方で、無責任な飼育放棄などによって“外来種が増加する”という事実も起きています。
そんな実態を、自然科学ライターの川上洋一さんに伺いました。


今朝エディットしたワードは・・・
【東京砂漠化?!】
・外来種でインド南部、スリランカが原産のワカケホンセイインコが都内で増加。
・さらに川上さんによると、湿度を好む生物が減った、ともいえるそう。
・そこから見えてくる可能性は、東京の砂漠化・・・。

2012年4月23日

4月23日(月)建築家・山口 誠さん

音声ファイルをダウンロード

カーボン


今朝エディットしたワードは・・・【カーボン】

TOKYOを見渡すと、さまざまな場所に高い建物=「高層建築」が立ち並んでいます。
東京都が公表しているデータベース「東京都統計年鑑」によると、都内で30階以上の高さがある建物は、平成21年度末の時点で「257」
うち252が23区内に集中。ちなみに、今から10年前の平成14年度は「125」、さらに遡って平成9年度では、たった「70」だった・・・。

今朝はそんな「高層建築」の歴史について、建築家・山口 誠さんにお話を伺いました。

2012年4月24日

4月24日(火)コンテンツ・ディレクター 米田智彦さん

音声ファイルをダウンロード
コワーキング

今朝エディットしたワードは・・・【コワーキング】

起業を目指す人やフリーランス、ノマドワーカーのためのスペース。
ここ東京でも、徐々にその数を増やしているようです。

実際にどれくらいの数の「コワーキングスペース」がここ東京に生まれているのか・・・
自らも「ノマドスタイル」の生活を実践し、コワーキングスペースを利用している、コンテンツ・ディレクターの米田智彦さんに伺いました。

2012年4月25日

4月25日(水) 「銀座ミツバチプロジェクト」副理事長 田中 淳夫さん

音声ファイルをダウンロード
ミツバチ


今朝エディットしたワードは・・・【ミツバチ】

6年前に岩手の養蜂場からインバウンドした「銀座ミツバチプロジェクト」。
銀座3丁目の一等地のビルの屋上で、養蜂を行っていらっしゃいます。
当時は、3万匹程度の<ミツバチ>だったのですが、現在ではなんと30万〜40万匹。
そもそも、ミツバチは環境指標生物とよばれるほど、農薬や環境汚染には敏感な生物です。

今朝は「銀座ミツバチプロジェクト」の副理事長を努めていらっしゃる、田中 淳夫さんにお話を伺いました。

2012年4月26日

4月26日(木)クラシック音楽の情報誌「ぶらあぼ」の編集長 田中泰さん

音声ファイルをダウンロード
ミツバチ


今朝エディットしたワードは・・・【ル・サクル・リュス】

毎年、恒例となったクラシック音楽の祭典「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」。
今年も、27日・金曜日から5月5日・土曜日まで丸の内を中心に、東京国際フォーラムが、クラシック音楽で彩られます。

元々はフランスのナントで始まった音楽祭。
日本には2005年にインバウンド♪今年8回目。

今朝はそんな今年の「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」が、
どんな空気感をTOKYOに生み出してくれそうなのか?
クラシック音楽の情報誌「ぶらあぼ」の編集長、田中泰さんにお話を伺いました。

2012年4月30日

4月30日(月) 江戸文化研究家・菅野俊輔さん

音声ファイルをダウンロード

Magazine + BOOK

Magazine + Book・・・いわゆる「ムック本」。
最近は、ファッション誌を中心に、雑誌に「おまけ」や「付録」がついているのが定番化しています。
特に「ブランドのムック本」は、まさに、その象徴的な存在とっています。

こうした「おまけ文化」、そもそも、いつごろから日本に根付いていたのか?
今朝は、江戸文化研究家・菅野俊輔さんに、教えていただきました。


About 2012年4月

2012年4月にブログ「TOKYO DICTIONARY」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。